化学部

 

R1.5.24更新


活動日
 月・水・木(勉強会),金(実験)を定期的に~18:30まで化学講義室・化学実験室で実施
 不定期に大学・研究施設の体験・見学に参加
 (KEK, 理研,産総研,環境研,JAXA, 国立科学博物館,日本科学未来館など)
所属人数
 1年生:4人,2年生:8人,3年生:6人

 化学部では,「限界なき探究心の追及」をテーマに,高校化学の内容にとらわれず勉強会や実験をしながら,大学や研究施設への体験入学・施設見学なども積極的に行い,見聞を広め,日々研鑽に励んでいます。

 特に,ここ最近では,化学グランプリ,科学の甲子園などにおける活躍は目覚ましく,3年間を通して互いに刺激し,学び合う化学部の伝統的な姿勢は,生徒たちの高校生活の様々な部分に影響し,進路においても顕著に見られます。 

 化学部では,学業に関しても決して手を抜きません。部活動で培われた科学的好奇心は勉強会や体験学習を通して「夢」や「こころざし」となり,ほとんどの生徒が明確なビジョンを持って第1希望の研究分野に進み,研究者としての第一歩を踏み出しています。

 27年度は,ついに全国大会で金賞、24、28年度には銅賞を受賞する生徒も輩出し,進学実績も充実したものとなりました。8年間化学グランプリで奨励賞以上を受賞し続けているのは県内で本校のみです。化学グランプリで全国レベルに挑戦したい理科好きの諸君! 化学部に来て楽しい高校生活を満喫しましょう!

〇進学実績
東京大学理科Ⅱ類1名,名古屋大学理学部 1名,東京工業大学 4名,北海道大学薬学部 1名,
慶応大学薬学部 2名,筑波大学理工学部 2名,早稲田大学先進理工学部 8名,
浜松医科大学医科 1名,帝京大学医学部医学1名,埼玉大学 6名
宇都宮大学 5名,東京海洋大学 1名,金沢大学 2名
東京理科大学,日本大学薬学部 ,北里大学薬学部,明治薬科大学,東邦大学,等…


〇化学グランプリ実績(平成21年度~平成30年度〉
平成23年度    日本化学会関東支部奨励賞1名
平成24年度    日本化学会関東支部長賞1名,関東支部奨励賞1名,全国大会銅賞1名
平成25年度    日本化学会関東支部奨励賞4名
平成26年度    日本化学会関東支部奨励賞1名
平成27年度    日本化学会関東支部長賞1名,関東支部奨励賞1名,全国大会金賞1名
平成28年度    日本化学会関東支部長賞3名,  全国大会銅賞1名
平成29年度 日本化学会関東支部長賞4名,関東支部奨励賞1名,全国大会銀賞1名,銅賞1名
平成30年度 日本化学会関東支部奨励賞1名


ブログは、毎回イベントの際に随時更新していきます。

 

ブログ

化学部

化学グランプリ 全国大会3年連続出場!!

化学グランプリ全国大会 全国銀賞,全国銅賞 受賞!!

日本化学会関東支部長賞 4名,関東支部奨励賞2名は過去最多。

 

 本年度の化学グランプリ全国大会は,筑波大学で81819日に行われた。埼玉県の高校【私立一貫校等すべて含む】で全国大会に進出したのは本校のみ。4000名以上の私立名門一貫校や国立大学付属名門校から多数出場者の中で,上位80名のみが進出できる全国大会に,各県のトップ校以外で出場できるのは異例中の異例。 全国大会2名出場は,出場人数では公立高校では全国1位となる。 しかも,今回の受賞で3年連続全国大会出場【奨励賞以上は7年連続】という快挙を成し遂げた。


0

化学部の夏休み

2017722() 産業総合研究所(一般公開)

体験学習(夏季休業中) 東大,首都大,東工大,早稲田大,筑波大,横浜国大

201793() 高エネルギー加速器研究機構(一般公開)


 これまで,化学グランプリの直前に実施されていた一般公開が今年はグランプリ終了後ということもあって,久々に産業総合研究所・地質標本館の一般公開に参加。通常ではなかなかできない体験実験や発表・展示があり大いに盛り上がった。夏季休業中は,各自率先して積極的に大学や研究施設の体験入学に参加。部内で情報共有し見識を高めた。


0

【化学部】2017年7月15日(土) 夜ゼミ開講

化学グランプリを2日後に控え,化学部では恒例の夜ゼミを開講した。これまで勉強してきた内容に,更に卒業生の講演が朝から昼食をはさんで8時間続く…。昼食は,7年連続受賞初回からゲンを担いで続いている顧問手製のカツカレーが振る舞われた。

そのあとは,過去問の解答解説会。先輩方が仕切るグループに分かれ過去問の解答と「○○○」への挑戦を行った【○○○は秘密】。解説会は,ゼミ1年生解説者デビューの日でもある。顧問や先輩方,同級生からの厳しい質問に戸惑うところもあったが,最初にしては上々の出来であった。

この日はさらに,グランプリを境に引退する部長と副部長のから,次期部長・副部長の発表があった。次期部長・副部長は現任者が決めることになっている化学部では,顧問ですらこの日まで誰が担当するかわからない。発表後,卒業生や部員が見守る中,引き継ぎ式が行われ,大いに盛り上がった夜ゼミが終了した。終了は予定の1900を大幅に超えて2100となった。



 

0

化学グランプリ2016で2年生が銅賞獲得!

「化学グランプリ2016」の二次選考が平成28819日~20日の2日間、名古屋大学にて実施され、本校理数科の2年生が銅賞をいただきました。


「化学グランプリ2016」の一次選考は、全国66会場で、3,792名の化学好きの生徒達が集い実施されました。
このうち78名が二次選考に進出し、実験が中心の難問に挑みました。

埼玉県の公立高校から二次選考に進出したのは本校のみです。


過去にも2度の二次選考出場を果たしていますが、2年生での出場は本校でも今年が初です。
2年生での受賞であることから化学オリンピックへの出場の期待も膨らみます。

 
0

化学部 2015年 4月18日 JAXA,国立環境研究所 一般公開

はじめて化学部で環境研の一般公開に参加。入部したての1年生の笑顔が印象的でした。2年生は、別行動で理化学研究所(朝霞)の一般公開に参加。ともにいい経験ができたようです!とくに環境研でのセグウェイの乗車体験は全員初乗車で大興奮でした。





0

平成27年度 化学部活動開始

しばらく,化学部の活動報告お休みしていてすいません…。もちろん,化学部はその間も元気に活動していました。化学グランプリ連続受賞記録も途絶えず継続中!!ですし,昨年度は科学の甲子園でも化学部が8人中3人出場し大活躍! 総合成績で埼玉県3位(最終予選化学1位,物理・生物3位)の輝かしい成績を収めることができました。今年度は積極的に,活動内容をアップしていきますのでご期待ください! 


0

いよいよ 化学部 ゼミ+実験 本格始動

 今年も,715日のグランプリに向けて化学部総力を挙げて準備が始まった。一昨年,昨年と2年連続で上位10%,日本化学会関東支部奨励賞を受賞し,昨年は全国大会で銅賞・関東支部長賞を頂き,部員の意気込みはかなりなもの。しかも,今年入部した1年生は,かなりな実力派揃い。今年から,2次選考に備えて,ゼミで学習した内容を,テーマを設けて実験準備・操作の組み立てから実験・調査・考察までをすべて自分で考えてレポートをつくるようにレベルアップ。1年生は,カリキュラム上,化学を全く授業で学習しないが,部活動で事前に学習してグランプリに挑戦する。1学期末には,卒業生を呼んで直前勉強会を実施予定。3年生は,悔いが残らないように最後の大会で精一杯持てる力を発揮して欲しい。結果は自ずとついてくるはず・・・
 

  

 

  

 

 
0