校長あいさつ

 

 越谷北高校は、創立52年目を迎えました。どこか懐かしく、ホッとする校舎と、全てのHR教室に備えられたプロジェクタや、ウォシュレットの全洋式トイレが織り成す、レトロモダンを体感できる空間です。そして本年度より、念願のHR教室棟の大改修工事が決定し、ますます教育環境が整備されることとなりました。

 教育活動においては、「世界に飛躍するリーダーを育成する学校」として、日本が世界に誇れる伝統的な人格形成指導と、アクティブラーニングや探究学習をとおして次代に必要とされる最新の学習メソッドの双方を提供する場です。文部科学省から指定を受けたSSH(スーパーサイエンスハイスクール)として、理数科を核に理数教育の充実・科学系人材の育成と、文系理系を問わず論理的思考の醸成にも努めています。

 本校は、県内有数の進学校として、国公立大や難関私大への実績ある進学指導はもとより、国際人として欠かせないリベラルアーツ(教養)の養成を意識した教育課程や授業を展開するとともに、部活動や学校行事においては、生徒が充実感と達成感を得られるよう、主体性と協働性を育み発揮させる機会としています。

 私も日本と米国で12年間の企業経営の経験を活かし、熱意あふれる教職員や成長意欲に満ちた在校生と共に、今まで以上に地域の誇れる学校にしていきたいと思います。

                                            校長   松村 和則