6 8 9 5 7 5
KITAKO NEWS FLASH

北高の今

本校の国際交流事業の紹介

学校説明会などでしばしば越谷北高校は理数系の学校なのですかと質問を受けます。

もちろん、本校には理数科が設置されており、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の事業にも認定されているため、理数系の教育は充実しています。

しかし理数系だけが本校の特色ではありません! 行事や部活動に加え、総合的な探究の時間の取り組み(2学年3学年)なども活発に行われています。

それに加え、国際交流の事業として高校生海外短期派遣時事業(カナダ)、エンパワーメントプログラム、グローバルリーダー育成プロジェクトなど様々な取り組みが行われています。

国際交流の事業に関する情報をこちらにまとめましたので、ぜひご覧ください。

【過去の紹介記事】
・今年度のカナダ派遣プログラムについて→こちら
・昨年度のエンパワーメントプログラムについて→こちら
・2年前に実際にカナダに行った際の様子→こちら

学校案内の内容を一部公開します

秋の訪れを感じられる日が多くなりました。

今週末にはオンラインにて第1回学校説明会が行われます。
※参加申し込み期間は終了しております

10月23日(土)には理数科説明会と部活動見学会、11月6日(土)には第2回学校説明会と部活動見学会が実施される予定です。

説明会に合わせて、手元で学校案内パンフレットを見たい方もいらっしゃると思います。
このたび、ホームページ上で学校案内の内容を一部公開しました。ぜひご覧ください。

学校案内を見るにはこちらか下の画像をクリックしてください。

第50回しらこばと祭終了!

第50回しらこばと祭最終日、本日も体育館から生配信です。

体育館に掲げられた横断幕↓今年の横断幕は書道部さんに描いていただきました!

P-1グランプリ出場の皆さん。

リハーサルを重ね、個性あふれる素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれました!

配信も回を重ねてだいぶ慣れました。
 

司会さん。 新聞部も取材に来ていました。
 

 

生徒会企画、集めてコバヤシくん大抽選会王冠

最後にしらこばと大賞、Tシャツ大賞、P-1グランプリの表彰を行い閉祭しました。

 

☆受賞クラス☆

しらこばと大賞 クラス部門 3-1

        部活動部門 吹奏楽部

Tシャツ大賞  3-7

P-1グランプリ 音域展開

おめでとうございました!
 

【生徒会3年役員より】

今年のしらこばと祭は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、制限がある中での開催となりました。

直前での変更もあり、3日間を通して思うようにいかないこともたくさんありました。

しかし、関わっていただいたたくさんの人たちのご協力と応援のおかげで、私たちが今できることを最大限やりきり、無事に終えることができました。

こうしてしらこばと祭を開催することができたのは、しらこばと祭実行委員、生徒会本部役員のみんなをはじめ、

全校生徒、先生方のご協力のおかげです。ありがとうございました。

少しでも皆さんの思い出に残る時間になっていたら幸いです。

このような状況の中、しらこばと祭を開催できたことに感謝しています。本当にありがとうございました!

 

第50回しらこばと祭②

9月2日第50回しらこばと祭「あずき青春~領域展開!僕たち最強だから~」2日目がおこなわれました。

今日は展示団体の紹介ライブ中継からスタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて開祭式はYouTubeによる生配信です。

校長先生のお話です。

 

 

 

 

 

続いて会長より横断幕の紹介がありました。




 

 

 

 

部活動の発表です。どの団体も素敵なパフォーマンスでした。

新聞部筝曲部

 

 

 

 

 

 

書道部書道部

 

 

 

 

 

 

吹奏楽部吹奏楽部

 

 

 

 

 

 

 応援部

 

 

 

 

 

中継のセッティングや音響、その他諸々、しらこばと祭実行委員と生徒会は今日も大忙しでした。

 

 

 

 

 

 

明日はいよいよ最終日です。明日も楽しみです。

第50回しらこばと祭①

9月1日、第50回しらこばと祭「あずき青春~領域展開!僕たち最強だから~」が始まりました。
新型コロナウィルスの影響で、感染対策をしっかり取りながら、校内公開のみ、文化部の動画・展示やパフォーマンスの生中継、クラスで作成した動画を各ホームルームで鑑賞する方法で開催しています。日程も半日3日間に変更されました。

 

 

 

 

 

 

 

 企画の運営や中継のセッティング、調整、その他諸々、しらこばと祭実行委員と生徒会が主体となって頑張っています。

 

 

 

 

 

 

初日は各HR教室でchromebookとプロジェクターを使用して文化部の動画とクラス動画を鑑賞しました。
感動あり、笑いあり、涙あり、どの動画もとても素敵でした。

 

 

 

 

 


クラスTシャツを着て鑑賞。 

午後は2日目の開催式や展示、中継の準備を頑張っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイブリット型授業に向けた職員研修

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、本校でも来週から分散登校が始まります。
生徒はA・Bの2つのグループに分かれ、半分が学校で授業を受け、残り半分の生徒が自宅で教室の授業をオンラインで受けます。

本校は昨年の段階でオンラインと対面授業の両立を行ってきました(1年前の様子はこちら)。

対面とオンラインを併用した授業(ハイブリット型授業)を行うにあたって、教職員で改めて研修会を実施しました。

今回確認したのはGoogle Meet の基本動作、プロジェクターとの連動、スライドの共有方法などです。

上の画面は生徒役での見え方についてのものです。実際に黒板に書いた文字の色と、配信で見える文字の色には違いがあるので注意が必要です。

スマホも見え方を確認します。

感染症対策と学びの両立に向けてさらなる工夫が求められています。

越谷北高校は生徒の学びを止めないために、これからもさまざまな取り組みを進めてまいります。

2学期始業式

2学期の始業式を行いました。2学期の心構えを校長先生と生徒指導主任からお話しいただきました。生徒は各教室でオンラインで視聴しました。感染対策に気を配りながら、2学期も頑張りましょう!

改修工事も進み校舎が綺麗になりました。

【平和学習】原爆の図丸木美術館 希望者校外学習

8月27日、夏休みももう終えますね。

本日、希望者生徒と教員で、東松山市にある丸木美術館に校外学習に行きました。

丸木美術館は、「原爆の図」を作成した丸木位里、俊夫妻が、「ここに来ればいつでも原爆の図が見られるという場所を残したい」という想いから開設した美術館です。本校では、2学年の修学旅行の平和学習にむけた事前学習として毎年丸木美術館と連携し、校外学習や講演会を行っています。遠足では、興味のある1年生の参加も募集しています。今年は教育実習に来てくれた大学生の参加もありました。

まず学芸員の岡村さんの説明を聞き、その後は自由に見学しました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

位里さんは広島出身で、芸術の勉強のために上京、戦時下では浦和に疎開をしていました。原爆投下後、故郷の広島に赴き、惨状を目の当たりにします。夫妻は被爆者らの姿を連作の「原爆の図」で表現します。当時、原爆についての情報統制も厳しい中で、屏風絵を担いで各所で展示会を行ったといいます。これらの絵に込められた思い、参加者の皆さんはどのように感じたでしょうか。

2年生は11月に、本校で丸木美術館学芸員の岡村さんの講演会を予定しています。1年生は来年度にも校外学習のチャンスがあります。今回参加できなかった1年生は、来年ぜひ参加してみてください。

 

【ご来場・ご視聴ありがとうございました】コシキタ進学フェア2021

昨日8月25日サンシティ越谷市民ホールにてコシキタ進学フェア2021を実施しました。

  
新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、生徒や来場者の安全を確保しながらなんとか進学フェアを実施できないか、試行錯誤する日が続きました。

学校生活紹介、部活動紹介、理数科紹介など、本校の生徒たちが主役となって発表してくれました。ほとんどの動画は生徒たちが作成してくれました。大人が作るよりもずっとクオリティの高い動画で教員もびっくり!
     

オンライン/リアルのハイブリット型で進学フェアを行ったことで、結果的により多くの方に部活動発表や学校生活紹介、理数科紹介を通じたリアルな高校生活を皆様にお届けできたのではないかと思います。


今後の学校説明会は本校が会場となります。外壁改修工事を経て綺麗になったホームルーム棟をぜひご覧ください。

新型コロナウイルスの感染状況によって、様々な変更を余儀なくされる場面が続きます。そのような中ですが、ホームページやツイッターなど様々な形で情報を発信していきますのでこれからもよろしくお願いいたします。

【舞台裏】
オンライン配信の作業をしていました。無事に配信出来て本当にほっとしています。

【国際交流】カナダオンライン研修 Day 5

カナダオンライン研修もいよいよ最終日となりました。

参加をしている北高生のチームワークは抜群で、研修開始前からそれぞれのプレゼンテーションを確認しあっていました。

環境リーダーシップの学習の前に、週末の予定を話すスモールトークを行いました。

カナダは現在金曜日の午後ということで、楽しい予定をたくさん聞くことができました。

一方北高生の週末の予定は・・・

I'm going to take a test!

I think I might sleep all day!

I'll practice the saxophone!

なんとも勤勉で忙しい北高生らしい回答でした。

 

さて、本日始めのアクティビティは“Individual Actions for Nature”

環境のために自分たちが何ができるかを話し合います。

Eat local food / Recycle cans / Support and shop at locally-owned businessesなど代表的な取り組みを紹介して頂いた後、自分たちのoriginal idea を出し合っていきました。

 

Don't buy things I don't need / Get up early and go to bed early / Learn the environment more などなど

今までの研修で学んだことを盛り込みながら議論を行いました。

先生無しで議論を行ったチームもありましたが、積極的に発言していました。研修序盤に比べて、素晴らしい成長を見せてくれています。

先生からも“I hope you all feel more confident ”とコメントを頂きました。

プレゼンテーションに向けて、自身を持って発言をしてほしいです。

 

そして本日のメインである“short presentation on what you have learned during the program and
what you’re going to do differently in the future” の発表です。

5日間の研修で学んだことを今後どのように生かしていきたいかを一人ずつ発表します。また、事前に選んだ自然の写真について、なぜその写真を選んだかを伝えました。

   

 

初日は英語で話すことに自信がなく、なかなか発言できなかった生徒が堂々とプレゼンテーションを行う姿に感動しました。

この研修で英語や環境のことだけではなく、自分の意見を伝える姿勢や間違いを恐れない心も学ぶことができました。学んだことを忘れずに、様々な場面で活かしてほしいです。

5日間お疲れさまでした!!!