ブログ

カテゴリ:報告

【生物部】用水路調査の報告

2022年6月17日金曜日、今年度1度目の用水路調査を実施しました。

この活動には、生物部員13人が参加しました。

作業の様子。

【用水路での作業】

赴いた場所は越谷市立平方中学校を望む水田。

ガサガサ*によって数種の生物を捕獲しました。

作業時間は前年度と同じように2人時*で行いました。

 

【得られた生物】

アメリカザリガニ・カラドジョウ・ギンブナなど

当日は気温が大変高かったため、熱中症に気をつけながら活動しました。

【今後の予定】

捕獲した生物は種と数を調査したのち、それぞれの体長を調査します。

次回の用水路調査は7月ごろを予定しています。

今後も活動内容を報告していく予定です。

よろしくおねがいします。

 

*ガサガサ…網を用いて水底を漁ること

*人時…作業量の単位。人数×時間で計算される。マンアワー。

    毎年同じだけの作業を行うために昨年度と揃えた。

【生物部】ナガミヒナゲシの分布調査

毎年行っているナガミヒナゲシの分布調査を行いました。今年の目的は『他の植物との関係性の調査』です。

例年通り地図に分布の様子を記録し、目的にあわせてナガミヒナゲシの様子を撮影しました。

調査後は調査中に気がついたことや結果を見て気がついたことを話し合って考察、反省をノートにまとめました。

【生物部】ナガミヒナゲシの調査

4月25日に学校周辺のナガミヒナゲシの分布調査を行いました。

今回の調査では、ナガミヒナゲシがどこに生えているのかを調べました。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大に伴い調査ができませんでしたが今年は2年ぶりに調査をすることが出来ました。

ナガミヒナゲシ(ケシ科)は外来の植物です。

オレンジ色の鮮やかな花で、4~5月に道端に咲いています。

見たことがあるという人も多いのではないでしょうか?

 

ナガミヒナゲシ

 

 

 

 

 

 

 

ナガミヒナゲシの花です。

後ろに見えているピンク色の花はツツジです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の調査では主に学校周辺の公園や道路沿いを調べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部員で手分けをしてナガミヒナゲシを探し、記録しました。

 

生物部では今回のナガミヒナゲシ調査の他に、

5~6月頃に周辺の用水路の調査や、

最近埼玉県で数を増やしている外来種のクビアカツヤカミキリの調査も行っています。

【生物部】高校生によるサイエンスフェア


11月10日、大宮ソニックシティで行われた高校生によるサイエンスフェアに参加しました。
北高は、ポスター発表と体験実験(化学部)に参加しました。
ポスター発表のテーマは、
「那珂川河口における防災と環境保全の両立を目指して」
「下流域のグリーンインフラについて考える」
の2点を発表しました。
いずれも、北高で行っているSDGsグリーンインフラプロジェクトのまとめで、生物部員以外の生徒と合同で発表しました。

下流域のグリーンインフラについての発表(河川班)


那珂川河口における防災と環境保全の両立を目指して の発表(街づくり班)

他校からの出し物も多く、とても楽しめました! 私はスライムやキーホルダー、分光器、魔鏡などを作りました(*'▽')
参加していた子供たちも楽しそうでした。

他校のポスター発表も様々なテーマがあり、とても興味深かったです。
来年も楽しみですね!!!

【生物部】科学展

9月28日㈯に越谷市科学技術体験センター ミラクルにて行われた科学展東部地区展で、ポスター発表を行いました。
生物部からは、
「カゼインプラスチックの実用化に向けて」
「越谷北高校周辺の水生生物を探る2019」
の2点を出展しました。

発表の様子 今年は、審査の後に質疑の時間でした。

なんと!! 「カゼインプラスチックの実用化に向けて」は優秀賞を獲り中央展へ進み、10月26・27日にさいたま市宇宙科学館でもまた発表を行いました。
結果は優良賞!!! すごいね!!!

【生物部】サイエンス教室

9月22日、春日部高校で行われた5校合同サイエンス教室へ参加しました!!
越谷北高校からは、生物部・化学部・天文気象部・物理同好会が企画を持ち寄り、小学生と交流しました。

私たち生物部は、ペーパークロマトグラフィーやちりめんモンスター顕微鏡づくりを企画しました。

チリモンさがしの様子です。
小学生も保護者の方も楽しそうにさがしています。


これはカサゴの仲間ですね。

昨年度よりは来校者が少なかったのですが、参加してくれた子供たちが楽しそうに活動していたので嬉しかったです(^^♪

【生物部】生態学会 in 神戸


生態学会
に参加しました in 神戸


 3/17(日)に、神戸で催された生態学会大会に参加しました。
毎年 開催される生態学会大会は、年によって変わる会場(去年は北海道でした)で、全国から研究者や大学生が集まり、"生態系"や"生物"に関連した研究を発表する、というなかなかに規模の大きなものです。
我々は、大会の中で高校生が参加できるひとつのプログラムである、学会高校生ポスター発表に参加しました。

新幹線で前日入りし、その日は各々 神戸観光を楽しみました。
高校生ポスター発表では、10:30から2時間のコアタイム(研究発表のための時間)が設けられ、自分たちの研究の説明をしたり、他の研究の話に耳を傾けたりしました。題材は実に様々で、発表されたポスターの数は過去最高だったということです。我々の部活からは、越谷北高校周辺の水生生物を調査したものと、他校との共同活動であるチームアライグマについての報告の2つを出しました。




コアタイムが終了した後は、ジュニア生態学講座で研究者や学者等の方による講演を聞かせて頂きました。とても興味深く、中には高校の英語の教科書にも載っていらっしゃった方のお話も聞くことができて、本当に有意義な時間でした。


今回の生態学会もとても楽しかったです。
皆さん、お疲れ様でした。

【生物部】公開シンポジウム「霞ヶ浦流域研究2019」参加

3月2日(土)、茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター主催の公開シンポジウム「霞ヶ浦流域研究2019」に参加しました!
学校周辺の用水路での生物調査のポスター発表と、大学生や様々な霞ヶ浦流域での研究の発表を聞いてきました。


会場は、行方市の生涯学習センター レイクエコー でした。


他の参加者の発表を聞いています。
ヒメスナホリムシがどのような条件で足をかむか、を調べたもの。
とても興味深いです。


自分たちのポスター発表もしました。
大学生や、研究者の方々にも発表を聞いていただき、アドバイスをたくさんもらうことができました。
これからの研究活動に活かしていきます。

【生物部】理科教育研究発表会


理科教育研究発表会

参加しました。


 2/9(土) 埼玉大学さんにて、(くどいようですが) 理科教育研究発表会に参加させて頂きました。
 この発表会では、埼玉県の高校生たちが今まで心血を注いだ各自 自慢の研究を発表する場でして、我々も毎年参加させて頂いてます。今年は一部の1,2年男子部員の共同研究で大作である「越谷北高校周辺の水生生物を探る 2018」を出させて頂きました。

 以下の画像は発表時の様子です。縦になってしまっていますので携帯若しくはPCの画面を縦にしてご覧ください。


 ↓ 2年男子と、右にいらっしゃるのが去年度まで本校で働いてらっしゃった
 地学の先生です。二人して恥ずかしがっていますね。




 1年男子の様子です。ピースなんかしちゃって可愛いですね。




 2年で部長さんのご様子です。疲れ気味なのでしょうか、
 笑っていますが、目は死んだカラドジョウのようです。




以上、発表会の報告でした。
見てくれてありがとう(^ ^)ノシ

【生物部】サイエンス教室がありました。



サイエンス教室 無事終了!
お疲れ様でした。

 9/23(日)に春日部高校さんにて三校合同サイエンス教室を開催致しました。サイエンス教室は、越谷北,春日部さん,不動岡さんの3高校の理系部活及び同好会所属の高校生たちが、一般の方々向けに、科学に関する出し物をする年に一度のexcitingなイベントです。今年も沢山の来場者がいらっしゃって下さり、大いに盛り上がりました。

 我々は今回、ちりめんモンスター,微生物観察,ミニ顕微鏡作りの3つをテーマにしました。
 

ちりめんモンスターというのは、ちりめんじゃこの中に潜んでいる小さな生き物(アジやカニ,タコやタツノオトシゴなど多種多様)を探し出すというものです。お気に召したものがありましたら,3つ程度まで台紙に貼り,お持ち帰り頂きました。
 微生物観察では、我らがアイドル ボルボックスちゃんのほか、イシクラゲやブラインシュリンプという小さなエビのような生物をじっくりと観察していただきました。
 今年初の試みであるミニ顕微鏡作りでは、ペットボトルとビーズを用いてタマネギの組織を観察していただきました。こんな身近なもので顕微鏡が作れるのか と、皆さん驚いていらっしゃいました。書き手も吃驚しました。

 来年も開催が予定されておりますので、興味がありましたら是非ご来場ください。もしくは越谷北の生物部に入部して、スタッフとして楽しむ道もありますからねー(^ ^)


 ↓準備が終わり、空いた時間に自分たちで楽しみ出す部員たち