KITAKO NEWS FLASH

カテゴリ:進路

【1学年】進路講演会「未来の自分の創り方~15年後の社会を生き抜くために~」

7月12日、越谷サンシティにて1学年の進路講演会を実施しました。

今年は追手門学院大学 客員教授である倉部史記先生を講師としてお招きし、
「未来の自分の創り方~15年後の社会を生き抜くために~」という内容でご講演いただきました。

倉部先生のお話に時に笑い、そして真剣に、じっくりと耳を傾ける生徒たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


15年後の社会はどうなっていくか?どんな人材が求められるのか?
大学ってどういうところ?大学選びはどうすればいいのか?など、
高校生の多くが悩むであろう疑問に答えてくれる内容だったのではないでしょうか。

変化の激しい社会において、生徒自身がどのように進路選択していくべきかを考えるよいきっかけになったと思います。
講演後の質問コーナーでは、時間ぎりぎりまでたくさんの生徒が質問してくれました!

1年生には夏休み期間中も、進路についての課題が出ています。
今の時期からしっかり自分と向き合い、後悔のない進路選択に向けて地盤を固めていきましょう!

【3学年】進路講演会 ~充実した夏休みを迎え入れるために~

1学期の期末考査・返却も終わり、いよいよ学期末です。

本日は河合塾から朱宮健吾様を講師としてお招きし、「第一志望現役合格のために 受験生として『なすべきこと』」という内容の講演をしていただきました。

昨年度の入試状況の概要、夏休みに向けて今からするべきことなどをお話しいただきました。

現役生の学力は秋ごろに伸びる、そのためには夏に確固たる土台としての基礎学力を築いていくことが大切であるという話が印象的でした。また、夏休みに入る前から徐々に学習量を増やしていくことの重要性も強調されていました。

やるべきことをやり、実り豊かな秋を迎えられるよう、今から気持ちを切り替えて学習に励みましょう。

職員進路研修会

6月1日(水)放課後、しらこばと会館にて、教職員向けの進路研修会が行われました。


ベネッセコーポレーションの友澤氏をお招きし、「2022年度入試の振り返りと、新課程における教育実践と深化」という題目でお話ししていただきました。

 

前半は、新課程移行に伴う変更点、教科「情報」の扱い、学習評価などについて共有していただきました。現在、2,3年生は現行課程、1年生は新課程に基づいて進んでおり、教育課程の移行期間となっています。そのため、今後の動向をよく確認することが必要です。また、令和7年度共通テストから導入される「情報」については、授業をしっかり受けて臨めば心配いらないとのことでした。

 

後半は、2022年度入試の傾向や2023年度入試の変更点などについてご教授いただきました。現役生の合格者数増加に関するデータや、国公立・私立大学の細かな傾向を知ることで、生徒の皆さん・保護者の方々とともに大学入試に挑むための準備をすることができました。

 

変化の激しい大学入試に備えるためには、入試情報を得ることが不可欠です。生徒の皆さんや保護者の方々と情報を共有できるよう、我々教職員も学び続けています。

【2学年】卒業生との懇談会

3月18日(金)、2年生は卒業生との懇談会を開催しました。

大学1,3年生の先輩が来校し、分野ごとに分かれて懇談しました。

会場ごとに、懇談の形式は様々でしたが、

最終的には少人数のグループで先輩たちと話ができ、

みんな興味津々で受験勉強の仕方や大学生活の様子に耳を傾けていました。

やはり何歳か年上の現役の大学生から話を聞くと、

受験勉強へのモチベーションも上がるようです。

「有意義な時間だった!」という内容の感想がほとんどでした。

この行事で聞いた経験談を参考にして、

それぞれが自分の進路希望の実現を目指して頑張っていってほしいですね。
オンラインで参加してくれた卒業生も。

【2学年】進路講話

修学旅行も終わり、受験生としての自覚を高める季節となりました。

本日の7限では進路指導主事による進路講話「受験生になる!〜大学入試の現状と受験に向けて〜」が行われました。

各クラスで配信を視聴する形式です。

内容は以下の通りです。
・大学入試の現状…50期生の進学実績、共通テスト利用について、一般選抜の倍率推移についてなど
・入試制度の基礎知識…センター試験から共通テストへの変更点、英語外部検定について
・受験に向けて…学科選びについて、受験勉強開始時期について、どんな学習をすべきなのかなど

受験は甘くないからこそ、励まし合うクラスメイトや勉強しようとする雰囲気作りが大切になります。 
修学旅行で交流を深めた仲間とともに、1年後の受験を目指し頑張ってください。

【2学年】看護医療講演会を実施しました

 10月8日金曜日放課後、2年生の看護医療系進学希望者向けの講演会を実施しました。

講師には、看護医療系進学指導を専門としている「新宿セミナー」大宮校校舎長の先生をお招きし、

看護医療系進学を考えるにあたって必要な、職種の理解・受験の基礎知識・大学選びのポイントなどを伺いました。

参加した生徒からは「今まで聞いたことのない内容を聞けた」「現実味が出てきた」などの感想が寄せられ、

進路について考える貴重な機会になったようです。

自分の未来に向かって前進するために今回の講演会を生かしていけるといいですね。

【3学年】PTA進路講演会

本日は午前中土曜授業。

そして午後には、駿台予備校の講師の方をお招きし、「2021年度入試に向けて」という題目で、3学年PTAの進路講演会を行いました。

今年度はコロナウィルス拡大によって、保護者面談の中止や、入試にかかわる状況等の変化もあったため、情報提供の場として設けさせていただきました。

また、密を避けるために文系・理系で時間を分け、席の間隔をとって行いました。

生徒や保護者の皆様におかれましては、受験、そして共通テストへの移行、加えての感染症の流行で、様々に不安があると存じます。不安は解消したいと思いますので、疑問等あれば担任等を通じて遠慮なくご相談ください。

【3学年】進路講演会~外村哲也さんによる講演~

本日の7限、3学年は元トランポリン選手、外村哲也さんを講師としてお招きし、進路講演会を行いました。

外村さんは2008年の北京オリンピックに日本代表として出場し、見事入賞。また、いくつもの世界メダルを獲得していらっしゃいます。

演題は「夢を追い続けた競技人生」。

進路を考える上で、「夢を持つ」ことの大切さについて、体験談を交えて講演して頂きました。

外村さんの「夢」は、北高生の目指す夢の方向性は異なるかもしれません。しかし、高い目標の実現、そして困難を乗り越えるためのモチベーションや、「スランプ」などの挫折、そして「劣等感」など己の内面と向き合う方法などについてのお話は、どんな進路を選ぶにしても、繋がってくるものだったと思います。

 

質疑応答。クラスルームで事前に募集していた質問に答えて頂いたほか、その場でも出たいくつかの質問に、丁寧に自身の経験に基づいたアドバイスを頂きました。

最後に花束の贈呈です。本当に貴重なお話、ありがとうございました!

 

外村さんがトランポリンという分野を究められたように、皆さんも今後大学や就職などで、己の進むべき分野を究めていくことになります。

外村さんから「夢を持って成長を目指そう」という力強いメッセージを受け取った3年生。この1年間、それぞれの進路目標実現、そして自己実現を目指し、頑張ってほしいと思います。

3年生 河合塾 第1回全統記述模試の受験について

休校中、勉強面で目標となり、実力の把握が出来るものが早急に必要と考え、

河合塾の「第1回全統記述模試」を全員受験することにいたしました。

「北高学びサイト」内にお知らせをアップしましたので、確認をお願いします。

                             進路指導部

【2学年】OB懇談会

本日の午後、2学年はOBとの懇談会でした。
各国公立大学をはじめ、在学生の多くの皆さんが目指しているような大学に進学された大学生のOBOGの先輩方を囲みながら座談会を行いました。
各教室で教員養成、人文社会、理工生物、医学、薬学、医療など分野別に分かれ、受験に向けてのアドバイスや大学生活の話など様々な話で盛り上がりました。
2年生は、あと1年も経たない内に大学受験の日がやってきます。
進路について後悔しないようにしっかりと考え、先輩方から伺った話を自分の受験に生かせるようにしましょう。