KITAKO NEWS FLASH

カテゴリ:進路

【3学年】PTA進路講演会

本日は午前中土曜授業。

そして午後には、駿台予備校の講師の方をお招きし、「2021年度入試に向けて」という題目で、3学年PTAの進路講演会を行いました。

今年度はコロナウィルス拡大によって、保護者面談の中止や、入試にかかわる状況等の変化もあったため、情報提供の場として設けさせていただきました。

また、密を避けるために文系・理系で時間を分け、席の間隔をとって行いました。

生徒や保護者の皆様におかれましては、受験、そして共通テストへの移行、加えての感染症の流行で、様々に不安があると存じます。不安は解消したいと思いますので、疑問等あれば担任等を通じて遠慮なくご相談ください。

【3学年】進路講演会~外村哲也さんによる講演~

本日の7限、3学年は元トランポリン選手、外村哲也さんを講師としてお招きし、進路講演会を行いました。

外村さんは2008年の北京オリンピックに日本代表として出場し、見事入賞。また、いくつもの世界メダルを獲得していらっしゃいます。

演題は「夢を追い続けた競技人生」。

進路を考える上で、「夢を持つ」ことの大切さについて、体験談を交えて講演して頂きました。

外村さんの「夢」は、北高生の目指す夢の方向性は異なるかもしれません。しかし、高い目標の実現、そして困難を乗り越えるためのモチベーションや、「スランプ」などの挫折、そして「劣等感」など己の内面と向き合う方法などについてのお話は、どんな進路を選ぶにしても、繋がってくるものだったと思います。

 

質疑応答。クラスルームで事前に募集していた質問に答えて頂いたほか、その場でも出たいくつかの質問に、丁寧に自身の経験に基づいたアドバイスを頂きました。

最後に花束の贈呈です。本当に貴重なお話、ありがとうございました!

 

外村さんがトランポリンという分野を究められたように、皆さんも今後大学や就職などで、己の進むべき分野を究めていくことになります。

外村さんから「夢を持って成長を目指そう」という力強いメッセージを受け取った3年生。この1年間、それぞれの進路目標実現、そして自己実現を目指し、頑張ってほしいと思います。

3年生 河合塾 第1回全統記述模試の受験について

休校中、勉強面で目標となり、実力の把握が出来るものが早急に必要と考え、

河合塾の「第1回全統記述模試」を全員受験することにいたしました。

「北高学びサイト」内にお知らせをアップしましたので、確認をお願いします。

                             進路指導部

【2学年】OB懇談会

本日の午後、2学年はOBとの懇談会でした。
各国公立大学をはじめ、在学生の多くの皆さんが目指しているような大学に進学された大学生のOBOGの先輩方を囲みながら座談会を行いました。
各教室で教員養成、人文社会、理工生物、医学、薬学、医療など分野別に分かれ、受験に向けてのアドバイスや大学生活の話など様々な話で盛り上がりました。
2年生は、あと1年も経たない内に大学受験の日がやってきます。
進路について後悔しないようにしっかりと考え、先輩方から伺った話を自分の受験に生かせるようにしましょう。


【1学年】進路講演会

本日は一学年で進路講演会がありました。
お招きしたのは、本校の卒業生である多久和理実さんです。
多久和さんは、東京工業大学で科学史を専門に現在講師をされており、その傍らで、漫画やテレビ番組などでの監修なども請け負うなど、広く活動をされています。

テーマ「北高で学んだこと、それが大学・仕事にどう生きているのか」
多久和さんは中学生の頃から虹について関心を持ち、それを解明したいという思いが今の仕事につながっているというお話をしてくださりました。
また、物理学だけではなく物理学の歴史を学びたいという思いから、文理選択の際の葛藤があったということです。
現在、科学・物理学史の研究という、文理の狭間にある学際的な分野で活躍をされている多久和さん。
学びたいものを学ぶ上で、物理学の知識、言語力や歴史的背景の知識、文献を読む技術他、それにかかわる様々な知識や技術といった、広い学びの視野が必要であるということを気づかされました。

「学ぶことは、世界を広げること。」
世界は自身が思っているよりもずっと広い。
貪欲に、いろいろなことを学んで吸収しましょう。
積み重ねによって、自分の進路はできるのです。



多久和さん、ありがとうございました!

3学年受験対策説明会

7/10、3年生は本校体育館で、受験対策説明会が行われました。
駿台予備学校大宮校の田口先生が今後の受験動向や、夏休みの過ごし方、模擬試験の活用方法などを丁寧に説明されていました。

【1学年】保護者進路講演会

本日、1学年の保護者進路講演会が行われました。
駿台予備校の大宮校舎長、吉井素子先生を講師としてお招きし、大学入試の現状や、保護者の方々の役割等のお話を頂きました。


進路講演会の後は、石井学年主任から1学年の概況についてお話がありました。


全体会の後は、各担任と希望で個別での面談の時間も設けられました。
今後も、生徒のよりよい進路に向け、機会ごとにお話をしていけたらと思います。

【2学年】総合学習

火曜日7時間目の総合学習の時間を紹介します。

先週(9/12)は夏休みに各自で行った大学のオープンキャンパスの情報をグループで共有しました。和気あいあいとした雰囲気の中、様々な大学についての情報を得ることが出来たことでしょう。


本日は小論文。テーマは「自分と社会」 大学進学を希望する生徒の多い北高生、「自分と社会」を切り口に、大学で何を学ぶかを考えます。

教員志望者説明会!

2年生で教員を目指している人、検討している人を対象に、「教員志望者説明会」が開かれました。


2年生だけで49名の生徒が参加しました。


本校には、中学校または高校の教員になりたい生徒が多いようです。
楽しい学校生活を送ることができているからでしょうか。


講師は、県の教職員採用課 西尾先生 です。

内容
〇教員の魅力、仕事内容、免許状
〇教員になるためには、採用試験
〇埼玉県の求める教員
〇採用後の教職員研修
〇質疑応答、アンケート記入


採用試験の過去問にみんなで挑戦!

本校の先生が教員を目指したきっかけなどの話もありました。

最後に質疑応答。
みんな真剣に聞いていました。

西尾先生、ありがとうございました!


〇参加した生徒の感想

●参加者に意識が高い人が多くて、モチベーションにつながったからとても良かった。

 

●県の職員さんから面接内容を聞いたり、本校の先生から教員になった動機を聞いたりできて、これからの人生が楽しみになった。

筆記試験(過去問)をやってみて簡単に感じたけれども、専門の方は大学で深く学ぶとして、面接試験のためのコミュニケーション能力を高めるために、海外留学や色々な人との出会いを大切にしていきたい。

 

●幼稚園教諭になることが夢だが、教育者になるのはすごく難しいのだなと思った。採用試験の問題の範囲はとても広いので、今から一般教養などのために新聞などをよく読んでおくべきだなと思った。

本校の先生方の、先生を目指した理由がとてもすてきだなと思いました。

2年生進路講演会


本日6・7時間目、本校進路指導主事の石井克範先生が
「受験生になる!」というテーマで2年生に話をしました。

受験生

修学旅行も終わり、いよいよ本格的に受験生としてスタートしていきます。
一人ひとりが受験生としての自覚を持たなければなりませんね。
石井先生の講演は本当にわかりやすく、2年生の助けとなりました。
今回の講演を聞き、自らの目標達成のためにも今から頭を切り替え
仲間と共に切磋琢磨し、頑張りましょう!