校長室より

校長通信

令和3年度 第1学期終業式校長講話

 令和3年7月20日(火)、第1学期終業式を行いました。また、終業式終了後には、表彰と壮行会を行いました。表彰では、校内外で活躍した35名の生徒を表彰しました。壮行会では、全国大会に出場するパワーリフティング部と新聞部を激励しました。

 今回も新型コロナウイルス感染防止対策のため、KAR(北高アクティブラーニングルーム)より、各教室へライブ配信を行いました。以下は、校長講話の内容です。

 皆さんおはようございます。先日の球技大会では、北高生の力強さや明るく元気な姿を見ることができて、私自身も元気をもらうことができました。

 さて、ようやく梅雨も明け、明日からは夏休みが始まります。休みとは言え、常にプレッシャーがかかる高校生にとっては、不安や迷いの出る時期でもあります。

 そこで、今日は「人は考えたとおりの人間になる。」という話をします。この言葉は、ジェームズ・アレンという20世紀初頭に活躍したイギリスの作家のものです。

  私自身、この年齢になっても、課題や壁に直面して判断や選択に迷うことがあります。私は、判断や選択に迷ったときには、安易で楽な道を選ばず、敢えて困難な道の方を選ぶようにしてきました。何度も失敗を繰り返し、私なりにつかんだ、成長と成功の法則です。困難な道と言うと大げさですが、面倒な道と言った方が事実に近いです。

  そんなとき、勇気をもらっている言葉が、「人は考えたとおりの人間になる。」というものです。

 紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 人は考えたとおりの人間になる

 もしあなたが負けると考えるなら、あなたは負ける

 もしあなたがもう駄目だと考えるなら、あなたは駄目になる

 もしあなたが勝ちたいと思う心の片隅で無理だと考えるなら、あなたは絶対に勝てない

 もしあなたが失敗すると考えるなら、あなたは失敗する

 世の中を見てみろ

 最後まで成功を願い続けた人だけが成功しているではないか

 すべては人の心が決めるのだ

 向上したい

 自信を持ちたい

 もしあなたがそう願うなら、あなたはそのとおりの人になる

 さあ出発だ

 強い人が勝つとは限らない

 素晴らしい人が勝つとは限らない

 私はできる

 そう考える人が結局は勝つのだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というものです。

 すべては人の心が決める。自分は何をどうしたいのか。成し遂げたいことを心の中で考え、強い気持ちをもって行動していけば、必ず成し遂げることができる。

 皆さんの強い思いが未来を切り拓きます。そして、正解は常に困難な判断や選択の中にあります。安易な選択をせず、目の前にある一つ一つに全力を尽くして、是非、成功をつかんでください。

 終わります。

0

令和3年度 SSH生徒研究発表会挨拶

 令和3年6月17日(木)、越谷サンシティ・大ホールにて、SSH生徒研究発表会を実施しました。当日は、SSH運営指導員である、埼玉大学名誉教授 永澤先生、同じく井上先生、文教大学教授 浅野先生、株式会社建設技術研究所 東京本社環境部長 関根先生、理数探求Ⅱ指導者である、埼玉大学非常勤講師 Tammo先生にも御出席いただきました。全校生徒参加による発表会は、初めての試みでしたが、生徒の反応も良く、実りの多い発表会となりました。以下は、校長挨拶の内容です。

 皆さん、おはようございます。本校は、創立50周年にあたる平成30年度にSSHの指定を受け4年目を迎えます。本日は指導助言者として5名の先生方を迎え、SSH生徒研究発表会を行います。
 内容は、埼玉大学名誉教授 永澤明先生の記念講演と5組の代表生徒による生徒研究発表の2本立てとなります。

 これからの時代は、こうした研究発表や探究活動は、理科系の専売特許ではなくなります。文科系、理科系を問わず、世の中の多くの事に好奇心を持って、解析的、論理的に物事を考え、他者と協同して課題を解決していく探究的な能力が求められる時代になります。皆さんには、こうした研究発表会をとおして、是非、探求する力を武器として身に付け、磨いてください。

 それでは、記念講演をしていただく永澤明先生の御紹介をします。永澤先生は、埼玉大学大学院理工学研究科の名誉教授として、後進を育成する一方で、現在も、無機化学、錯体化学分野のご研究を続けられておられます。また、本校では学校評議員及びSSH運営指導委員の委員長を引き受けていただいております。越谷北高校のために大変御尽力いただいている先生です。
 永澤先生、本日は、どうぞよろしくお願いいたします。

0

令和3年度 教育実習閉校式講話

 令和3年6月11日(金)、教育実習閉校式を実施しました。以下は、校長挨拶の内容です。

 実習生の皆さん、こんにちは。3週間の教育実習、大変、お疲れ様でした。皆さんの頑張りについては、先生方から沢山のお話を伺っています。本当によく頑張りました。

 開校式で、教育実習の一番の目標は、皆さんが健康に実習期間を過ごすことだと話しましたが、皆さんが、大きく体調を崩すこともなく、最終日を迎えられたことは何よりだと思います。十分な睡眠時間を確保できない日もあったと思いますが、その環境の中で、コントロールして健康でいられる力は、一人前の社会人になっても求められる力だと思います。

 そして、二つ目の目標は、教育の不易の部分を学ぶだけではなく、若い感性で新しいことにどんどんチャレンジすることだと話しました。

 見たことがないかもしれませんが、現在放映されている「ドラゴン桜2」の東大合格戦略は、16年前とは大きく変わっています。ここ10年で大きく進化したユーチューブなどのSNSやアプリを積極的に使って生徒の力を伸ばしています。ドラマの中で阿部寛演じる桜木は、次のように言っています。「新しいモノ面白そうなモノは、どんどん取り込め、何でも試してみる癖をつけろ!」この力を、桜木はアップデート力と呼んでいます。何事にも興味関心を持って、他を巻き込んで自分の力にできる力、このアップデート力こそ、私はこれからの時代に必要な力だと思います。

 今日で教育実習は終わりますが、これからも皆さんの柔軟な頭と若い感性をフル回転させて、成長していってください。皆さんを応援しています。

0

PTA広報誌挨拶「母校に着任して」

 4月に着任いたしました校長の片野でございます。会員の皆様には、本校の教育活動に御理解と御協力を賜り、心より感謝申し上げます。
 執行部の皆様にはお伝えしましたが、越谷北高校は私の母校です。越谷北高校への異動が決まった時には、嬉しいという気持ちよりもプレッシャーの方が勝っていました。そうした中で迎えた入学式でしたが、閉式後の校歌披露で校歌を聞いた際に、40年近く昔の記憶がよみがえり、母校への思いがこみ上げ、とても感動しました。母校で校長として働けるありがたさを強く実感しました。同時に、越谷北高校の生徒のために、教職員の先頭に立って頑張る覚悟が決まりました。
 私が、校長としての使命として捉えていることが二つあります。
 一つ目は、「生徒の力を伸ばす。そして、生徒の力で結果を出させる。」ということです。生徒には、3年間の北高生活で、努力は必ず報われるという体験をしてほしいと思います。
 二つ目は、「伝統の強みを生かし、新たなことに挑戦し続ける。」ということです。越谷北高校は、常に新たなことに挑戦し、勢いのある学校でありたいと思っています。
 微力ですが、全力を尽くす所存です。
 会員の皆様には、本年度も御理解と御協力をよろしくお願い申し上げます。

0

令和3年度 体育祭開会式挨拶

 令和3年5月28日(金)、前日までの雨の影響で30分開始時間を遅らせたものの、無事に体育祭を実施することができました。以下は、開会式での校長挨拶の内容です。

 皆さん、おはようございます。まずは、体育祭の予行本番と中心になって準備・運営をしてくれている体育委員を中心とした関係各委員会、そして、各部活動の皆さんに感謝します。本日も朝早くからありがとうございました。本番もよろしくお願いします。

 皆さんの前で話をするのは、4月8日以来2回目です。そのため、私と皆さんとの距離感も、この朝礼台と皆さんが今いる場所くらい離れている感じがします。(※感染防止のため、中央に整列をしませんでした。)そこで、自己紹介を兼ねてお話をすると、私は、何故か体育祭と聞くと何日も前からワクワクして、夜寝られなくなってしまうタイプの人間です。

 一般的に、体育祭になると急に張り切って怪我をする中高年のおじさんや、子供の頃の体育祭の思い出を、あたかも自分がヒーローだったかのように語る世の中お父さんがいますが、その気持ちはよく分かります。
 しかし、私が特にワクワクしてしまうのは、チームで競う体育祭は、チームが戦力的に劣っていても、頭を使うと勝つことができるという事実です。それぞれの競技の特性を理解し、頭を使って人員を配置し、共通の戦略を徹底すると、結果を残すことができます。
 また、結果を残すことができなくても、体育祭独特の高揚感や達成感を味わうことができます。私は、この点も体育祭の醍醐味だと思います。

 6つの団に分かれて競う体育祭は、越谷北高校の伝統です。それぞれの持てる力を発揮して、大いに楽しみましょう。ただし、熱中症とコロナの感染、そして怪我の防止には十分気をつけてください。以上です。

0

令和3年度 教育実習開校式講話

 令和3年5月24日(月)、13名の優秀な卒業生が、教育実習のため母校に帰ってきました。以下は、教育実習開校式の校長講話の内容です。

 実習生の皆さん、おはようございます。
 校長の片野です。教職員、生徒を代表して、皆さんを歓迎します。

 私からは、皆さんが教育実習に臨むにあたって、2つ、心がけてほしいことをお話しします。

 まず、一つ目です。まん延防止等重点措置地域におけるコロナ禍での教育実習となります。
一番の目標は、皆さんが健康に実習期間を過ごすことです。このことを優先順位の一番に置いてください。

 次に、二つ目です。皆さんの優秀な頭をフル回転させ、ありとあらゆる力を駆使して、積極的に取り組んでください。教育実習には、皆さんがすべての能力を駆使する価値があると思います。

 大学も同様だと思いますが、コロナ禍の1年で、高校でも急激にICT化が進みました。今、教育業界は、可能性に満ちています。教育の不易の部分を学ぶことはもちろんですが、皆さんの若い感性で新たなことにもどんどんチャレンジしてください。期待しています。

0

令和3年度 入学式式辞

 令和3年4月8日(木)、穏やかに晴れ、春爛漫を感じられる中、埼玉県立越谷北高等学校 令和3年度入学式を挙行いたしました。厳しい試験を突破して本校に入学した新入生の皆さんを心から歓迎いたします。とてもすばらしい入学式でした。以下は、式辞の内容です。

 穏やかな春爛漫の今日の佳き日に、令和3年度、埼玉県立越谷北高等学校入学式を挙行できますことは、本校にとりまして、大きな喜びでございます。

 ただいま入学を許可いたしました、普通科322名、理数科40名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。厳しい入学試験を見事突破し、めでたく本校に入学した皆さんを、心から歓迎いたします。また、保護者の皆様のお喜びもひとしおのことと存じます。心からお祝いを申し上げます。
 本校は、昭和44年に開校し、平成元年度からは理数科を設置した、創立53年目を迎える高等学校です。
 「流汗悟道」という校是と、「立志・探求・奉仕」という校訓を持ち、全人教育をめざす進学校として、これまでに19986名の有為な人材を世に送り出してまいりました。
 校訓である「立志・探求・奉仕」という言葉は、校歌を出典としておりますが、まさに本校の教育の神髄として、長く受け継がれてきたものです。

 まず「立志」とは、志を立てること、目的を定めてこれを成し遂げようとすることです。「われら歴史を作る者」という自覚のもと高い志を立て、ぜひ、その志に恥じることのない学校生活を送っていただきたいと思います。
 次に「探求」とは、物事の真理をさぐり、これを見きわめることです。学問を志す者は、「真理ひとすじ尋ね行く」の気概がなければなりません。高校では、その質・量共に、とても高度な内容の授業が行われます。皆さんには、これまで以上に主体的な学習が求められることになります。
 そして「奉仕」とは、私心を捨て、国家・社会・人のために働くことです。何のために学ぶのかと言えば、それは、社会において、しっかりと自らの役割を果たすためです。「人の世の幸を呼び、鍛えて永久の土に立つ」という校歌の一節は、まさにそのことを歌っています。
 また、本校には「流汗悟道」という校是があります。「流汗」とは、汗を流すこと、「悟道」とは、道を悟ることです。「流汗悟道」とは、何事にも真剣に体ごとぶつかって大いに汗をかき努力する、そこから自分の求めるものが見えてくる。その継続と汗の量に比例した飛躍が必ずある、という意味です。
 「高校時代は、人生の土台をつくる」時期にあたります。本校への合格は、決して皆さんの将来を保証するものではありません。これからの三年間、勉学に、部活動に、学校行事に本気で打ち込み、汗をかき、努力を重ねる青春のときを迎えます。その意味で、今日は、皆さんの輝かしい人生の土台をつくり上げるためのスタートの日でもあります。
 そして、そのためにも、高校時代に「自分の将来像を心にしっかりと描いていただきたい」と思っています。
 「思わない夢は叶わない。心に描く夢だけが叶う。」
皆さんには、自分の将来像を心にしっかりと描きながら、高校生活を送ってほしいと思います。
 新入生の皆さんが、三年間で更に大きく成長して、この学舎を巣立ち、社会で立派に自らの役割を果たしていくことが、本校の願いであり、私たち教職員は、そのための努力を惜しまないことを、ここにお誓い申し上げます。
 結びに、保護者の皆様には、本校の教育方針を御理解いただき、御支援御協力を賜りますよう、お願い申し上げますとともに、今日から始まる新入生の皆さんの高校生活が、良き師・良き友との出会いの中で、すばらしく充実したものとなることを祈念いたしまして、式辞と
いたします。

  令和3年4月8日  埼玉県立越谷北高等学校長 片野 秀樹

0

令和3年度 第1学期始業式校長講話

 令和3年4月8日(木)、令和3年度第1学期がスタートしました。着任式に引き続き、第1学期始業式を行いました。新型コロナウイルス感染防止対策のため、KAR(北高アクティブラーニングルーム)より、各教室へライブ配信を行いました。以下は、校長講話の内容です。

 改めまして、皆さん、おはようございます。
 4月1日の職員会議で、先生方にもお話したことですが、私の校長としての使命は、勉強にしろ、部活動にしろ、生徒の皆さんの力を伸ばす、そして、皆さんの力で結果を出させるということだと考えています。今日から新学期が始まりますが、お互いに失敗を恐れず、明るく前向きに頑張っていきましょう。

 今日は、「良い習慣は、才能を超える。」という話をします。私がとても大切にしている言葉です。
 この言葉は、佐々木常夫(ささきつねお)さんという方の「働く君に贈る25の言葉」という本の一節にあります。

 皆さんは、どんな良い習慣を持っていますか?私が心掛けているのは、一歩先の行動をとる習慣です。
 具体的には、まず、毎朝、早起きをします。そして、早目に家を出て、学校に着いたら、余裕をもって、その日の準備をします。そうすることで、慌てずに一日をスタートすることができています。

 早起きをして、早目に家を出て、学校に着いたら、準備をしてから一日をスタートする。
これだけのことですが、毎日続けてきたことで、ミスをする回数が減り、結果も残せるようになって、私は、大きな自信を得ることができました。

 私の友人の中には、それほど準備をしなくても、物事をそつなくこなせる人がいます。私が1時間かかることも、友人は半分の30分でできてしまいます。とてもうらやましい限りですが、私には真似をすることができません。一緒にスタートしたら、友人にはとてもかなわないわけです。自信をなくしたことももあります。そうした経験から、私は、何事も一歩先に行動するようにしてきました。

 陸上競技や水泳など、順位を競うスポーツでは、フライングスタートは禁止されています。しかし、毎日の生活では、このフライングスタートは、武器になります。大切なことは、良い事を習慣にしてしまうことだと思います。良い習慣は、力になります。

 皆さんは、どんな良い習慣を持っていますか?
 早起きの習慣、はきものをそろえる習慣、あいさつをする習慣、朝学習の習慣 など、良い習慣と言えるものはたくさんあります。

 大変忙しい毎日を送る皆さんだからこそ、良い習慣は、皆さんの自信や力になります。そして、いつか才能豊かな友人たちを超えることも可能です。
 新学期が始まるにあたり、何か一つできることから始めてみてください。

 今日は、「良い習慣は、才能を超える。」という話をしました。終わります。

0

令和元年度修了式に代えて

令和2年3月24日

 1学年・2学年の生徒の皆さん 

越谷北高等学校長 松村 和則

  

令和元年度修了式に代えて

 

 昨日の成績会議において、在籍する1年生および2年生全員の進級を認定しましたのでお知らせします。

 それぞれの成績通知票については、新年度の開始日にお渡しする予定です。

 成績優良者や皆勤の生徒の皆さんはよく頑張りました。進級後も継続してもらえるよう期待しています。成績が不本意だった生徒は、一年を振り返り心機一転で新年度を迎えてください。

  さて、新型コロナウイルスの影響で、3月2日以降臨時休校措置が続いてきました。その間、皆さんの後輩を選抜する高校入試が行われ、皆さんがお世話になった3年生の卒業式も無事に挙行出来ました。また、皆さんにご指導いただいた先生方の人事異動の準備も進められてきました。ご退職や他校に異動なさる先生の情報は、しかるべき時期にお知らせしたいと思います。

  新年度については、埼玉県からの指示がまだありませんが、教育活動が再開できるよう職員一同で願っています。4月1日以降の部活動等に関しても同様で、県からの通知があり次第、皆さんにお知らせします。現在のところ、4月8日(水)の始業式は予定どおり開式する見込みですが、時間の短縮、体育館の換気、マスク着用などウィルス感染拡大防止策を実施する予定です。決定次第、学校ホームページや緊急連絡メールにてお知らせします。 

 例年とは違って、気持ちが晴れない春休みとなるかもしれませんが、自身とご家族の健康を第一に考えて過ごしてください。適切な場所で適度に体を動かし、折角の時間ですから、特に興味のある分野を突っ込んで勉強するのも良いでしょう。生活リズムをしっかり保って、有意義な時間となるようセルフコントロールしてください。

 新学期に、皆さん全員と元気にお会いしましょう。

 

0