校長室より

校長通信

令和元年度修了式に代えて

令和2年3月24日

 1学年・2学年の生徒の皆さん 

越谷北高等学校長 松村 和則

  

令和元年度修了式に代えて

 

 昨日の成績会議において、在籍する1年生および2年生全員の進級を認定しましたのでお知らせします。

 それぞれの成績通知票については、新年度の開始日にお渡しする予定です。

 成績優良者や皆勤の生徒の皆さんはよく頑張りました。進級後も継続してもらえるよう期待しています。成績が不本意だった生徒は、一年を振り返り心機一転で新年度を迎えてください。

  さて、新型コロナウイルスの影響で、3月2日以降臨時休校措置が続いてきました。その間、皆さんの後輩を選抜する高校入試が行われ、皆さんがお世話になった3年生の卒業式も無事に挙行出来ました。また、皆さんにご指導いただいた先生方の人事異動の準備も進められてきました。ご退職や他校に異動なさる先生の情報は、しかるべき時期にお知らせしたいと思います。

  新年度については、埼玉県からの指示がまだありませんが、教育活動が再開できるよう職員一同で願っています。4月1日以降の部活動等に関しても同様で、県からの通知があり次第、皆さんにお知らせします。現在のところ、4月8日(水)の始業式は予定どおり開式する見込みですが、時間の短縮、体育館の換気、マスク着用などウィルス感染拡大防止策を実施する予定です。決定次第、学校ホームページや緊急連絡メールにてお知らせします。 

 例年とは違って、気持ちが晴れない春休みとなるかもしれませんが、自身とご家族の健康を第一に考えて過ごしてください。適切な場所で適度に体を動かし、折角の時間ですから、特に興味のある分野を突っ込んで勉強するのも良いでしょう。生活リズムをしっかり保って、有意義な時間となるようセルフコントロールしてください。

 新学期に、皆さん全員と元気にお会いしましょう。

 

0

平成最後の修了式


 今年度の修了式が終わりました。私にとっても最後の修了式でした。
 生徒には、3年間掲げ続けてきた月の言葉を全部パワポで写し、解説を交えながらそれぞれの言葉を説明しました。

 最後の3月の言葉は、三年生に宛てたものですが、1,2年生もそれぞれ進級し、新たなステージで頑張ってほしいという思いを伝えました。

 最後には、大坂なおみ選手が、全豪オープンで優勝した時、アメリカのメディアから若者へのメッセージで求められて言った言葉を紹介しました。
そして、私から「自分の人生を誰か他の人に歩いてもらうわけにはいかない、自分の道は自分自身でしっかりと真っ直ぐ、正義を愛し、人を愛し、確実に一歩一歩歩んでいって下さい。」と伝えました。そして最後のスライドは

にしました。生徒が北高生としての自信とプライドを持って成長してくれることを願っています。
0

卒業式が終わりました

 報告が遅れましたが、3月14日(木)に第48回卒業証書授与式を行いました。普通科351名理数科38名合計389名の卒業生が旅立ちました。卒業生には、次の扉をノックして大きな世界に羽ばたいて欲しいと願っています。


 式辞では、卒業生の皆さんに「学び続けることを楽しむこと、思いやりの心を持つこと」の二つを餞の言葉として送りました。
 保護者の皆様にも、お子様の入学以来、本校の教育活動に対して深いご理解とご協力をいただき、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。
 50年後、越谷北高校は百周年を迎えます。果たして、越谷北高校はどのような学校になっているでしょうか。創立以来受け継がれてきた学校独自の教育文化をかけがえのない宝物として持ち続け世界に誇るべき学校になっていることを願っています。
 卒業生の皆さんが、越谷北高校の卒業生として自信と誇りを持って、それぞれの人生を歩み、世界に羽ばたく人間になっていることを期待するとともに、前途洋々たる皆さんの門出を心から祝福します。

 私も、卒業です。三年間ありがとうございました。
0