校長室より

校長通信

校長通信第25号「18歳選挙権と読書」


校長通信 第25号

18歳選挙権と読書

越谷北高等学校長 下 山  忍 

1学期の終了にあたり、私からお話をさせていただきます。

最初に、「政治や社会への関心を持とう!」という話をします。皆さんはすでに知っていると思いますが、先月、6月17日に改正公職選挙法が成立し、選挙権年齢がこれまでの20歳から18歳に引き下げられました。いわゆる「18歳選挙権」の実現です。選挙権年齢の引き下げは、終戦直後の1945年に「25歳以上」から現行の「20歳以上」となって以来、70年ぶりの改正ということになります。来年夏に予定されている参議院議員選挙からは、18歳以上の国民が選挙権を行使することになります。つまり、現在の3年生は全員、2年生でもかなりの人は、来年、高校在校中に実際に投票することになります。

国民主権を具体的に実現するために、我が国では「議会制民主主義」という制度を採っています。これは、国会を開設し、自分たちの代表を選挙で選びます。その代表である国会議員が話し合い、国民の意思を政治に反映していくという仕組みです。中学校社会科の復習のような話になってしまいましたが、私が言いたいことは、国民主権を実現するには、選挙における投票がとても重要になって来るということです。立候補者や各政党の主張を聞き、自分の考えと近い候補者や政党に投票することで、「議会制民主主義」、「代表民主制」が担保されているのです。

ですから、選挙権をもつ国民としては、アンテナを高くし、世の中のことに関心をもつ必要があります。社会で何が起こっているのか? 今、政治は何が争点になっているのか? 自分自身の考えをもって頂きたいと思っています。そのためには、「新聞に目を通す」ことが必要ではないでしょうか。新聞もかなりの分量ですから、全て熟読するというわけには行かないかもしれませんが、「見出しだけでも見る」癖をつけ、関心ある記事はしっかりと読むという読み方もあるかもしれません。本校の地歴・公民科の授業では、新聞を題材にされる先生も多いと思いますが、こうした新聞に関心をもってもらいたいという願いが込められているのです。

次に「読書の勧め」をいたします。先ほども表彰いたしましたが、本校では本を50冊読破した人を表彰しています。これは昨年度から始めたもので、皆さんが本を好きになるきっかけになれば、ということで、国語科の先生方が中心となって進めています。高校時代に素晴らしい本と出会うことは、素晴らしい友人や先生と出会うことと同じように、その後の人生を豊かにすると思います。また、先日の進路講演会で、東京大学の上田先生から「マニュアル力」から「考える力」へ、というお話がありましたが、読書は、考える力を鍛える上でも効果があると思います。

私も高校生のときに、本をたくさん読みましたが、今思い出すのは、家永三郎さんの『日本文化史』とブルーノ=タウトの『日本美の再発見』です。これらは、岩波新書というシリーズの中にあります。岩波新書は今も続々出版されていますが、当時の岩波新書は文字も小さく、高校生には難しい面もありました。しかし、当時の高校生たちは、ちょっと背伸びをして難しい本を読むことにチャレンジする風潮があり、友人同士で「あんな本を読んだ」「こんな本を読んだ」などと自慢し合う雰囲気もありました。先ほど紹介した2冊の岩波新書は、高校生の時に初めて出会い、その後も何度か読み返した私の思い出の本となりました。そして、私は日本史の教員になりましたので、その後の私の人生にも影響を与えてくれたのかもしれません。

北高生の皆さんが忙しいことは、私も十分知っているつもりですが、明日からは夏季休業になります。学期中よりは時間も取れると思います。この機会に、ちょっと読書にもチャレンジしてもらいたいと思っています。「何を読んだらよいのかわからない」、「面白い本が見つからない」という人がいるかもしれませんが、授業の中で紹介された本もあったと思いますし、自分の将来の専門にする分野の本を高校時代に読んでおくことも、大学入学後に伸びる力につながります。

また、本校の図書館に行けば、高校生に人気のある本が入り口付近に置いてあります。ライトノベルでも良いと思います。1冊の本を2人で読み、その感想を述べ合うことなどができれば、ちょっとしたアクティブ・ラーニングになるのではないでしょうか。 それから、本について言うと、「本は買うこと」も大切です。買ってすぐには読まないで置いておくことを「積ん読」と言いますが、こうした「積ん読」も大切なのです。いつかは読むことになるし、買うことが出版文化を守ることになるからです。

3つめ。私の話の最後になりますが、「あいさつは大きな声で、先手必勝」という話をいたします。学校には多くの来校者の方がいらっしゃいます。特に土曜公開授業では中学生や保護者の方が見えます。毎回、アンケートをとっているのですが、あいさつについては「生徒さんが気持ちのよいあいさつをしてくれた。」というものと、「あいさつをしてくれなかった。」という二通りの記述があります。私も朝校門に立っていますが、同じような感想を持っています。北高生は知っている先生や友人にあいさつできない人はほとんどいないと思いますが、知らない先生や来校者に会うと、ちょっと照れてしまう人もいるのかもしれません。また、あいさつをする人もちょっと声が小さい人が多いように思います。

気持ちの良いあいさつは、人間関係の第一歩です。これは高校時代にとどまることなく、一生ついて回ります。2学期は文化祭もあります。土曜授業は本校を目指す中学生とその保護者の方が多いと思いますし、それ以外の日でも、大学の先生など進路関係の来校者、他校の先生方、業者さん等、みな学校にとって大切なお客様です。「人間関係づくりは、笑顔・あいさつ・アイコンタクトから」という言葉もあります。「あいさつは大きな声で、先手必勝」をお願いします。

以上、「政治者社会への関心を持とう」「読書のススメ」「挨拶は大きな声で先手必勝」という3つのことを話しました。

明日からは夏季休業となります。1年間で最も長い休業です。40日間は長いようですが、過ぎてしまえばあっという間だと感じるに違いありません。心して過ごしてください。そして、暑い夏、体調管理をしっかりして、事件や事故に巻き込まれることなく、健康・安全に過ごしてください。それでは、2学期始業式にお会いしましょう。

(平成27年7月17日 第1学期終業式講話より)


 

 

 

 

 

0

校長通信第24号「自分の成長に貪欲であれ!」

校長通信 第24号

自分の成長に貪欲であれ!

-平成27年度のスタートにあたって-

越谷北高等学校長 下 山 

おはようございます。いよいよ平成27年度もスタートします。今日は寒い日になり、桜も少し散りかけていますが、先週は新方川の土手などに満開の桜を見ることができました。毎年のことですが、満開の桜を見ると、心沸き立つ思いがいたします。春は出会いの季節ですが、桜もそれを祝ってくれているように思いました。桜の花が咲くのは、非常に短い期間ですが、それだからこそ、人々の喜びや盛り上がりがひとしおなのでしょう。この美しい桜の景色の中で、素晴らしい平成27年度のスタートを切っていただきたいと思っています。

 昨年度の修了式でも申し上げましたが、今日は、学校にとっては大きな節目になります。こうした節目・節目にあたって、自らを顧みるとともに、決意を新たにすることは、自分自身の成長にとってたいへん意味のあることです。新しいクラス、新しい担任の先生との出会いがあります。授業を教えてくださる先生も変わります。清新な気持ちをもって、大きな決意をしてください。

3年生は、最上級生となり、各部活動ではリーダーシップが求められます。責任も重大です。文化祭でも、クラスが一致団結して下級生のお手本となるような取組をしなければならないでしょう。その中で、毎日の授業に集中するとともに、家庭学習もしっかりと行い、自分の希望する進路を見据えて、それに向かって、一心不乱に努力を続けてほしいと願っています。

難関大学にも、恐れることなく、チャレンジしてもらいたいと希望しています。「受験は団体戦」とも言います。授業を真剣に受けるクラスの雰囲気が学力向上につながりますし、同じ大学を受ける友の真摯な態度に大きな刺激を受けるでしょう。そして、北高という同門の同志としての支え合い、励まし合いがあると思います。昨年の3年生は、同じ大学を受ける人たちで切磋琢磨して一緒に勉強をしていましたが、これが素晴らしい結果につながったのかもしれません。先生方を含めた「チーム北高」の団結力でこの1年間を一緒に走り続けましょう。卒業証書授与式には、大きな仕事を成し遂げた皆さんの満足した表情に出会いたいと思っています。

2年生は、本校の中堅学年となりました。2年生は、高校生活の中で、もっとも充実した時期かもしれません。今日の午後には入学式があり、新しい1年生を迎えます。去年の今日を思い出しますか。新入生は期待と不安の入り交じった気持ちで校門をくぐるでしょう。去年、先輩のどんな行動が頼もしかったのか、先輩からかけてもらったどんな言葉が嬉しかったのか、よく思い出してください。そして、同じことを1年生にしてあげてください。北高の歴史を担う仲間として、温かく迎え、大きく育ててあげてください。そして、そのためには、自分自身が努力を怠らず、自分を甘やかせず、毎日毎日を過ごすことが大切だと思っています。

勉強・部活動・学校行事の全てに全力で取り組む皆さんには、時間がありません。自己管理が大切です。時間を有効に使うための生活管理と言っても良いでしょう。昨年から使っている「学習記録ノート」などを活用して、ぜひ無駄な時間を排し、効果的な時間を使ってください。昨年度取り組んだ「朝勉強」もたいへん効果的な勉強方法だと思っています。

 最後に、皆さんにお願いしたいことは、「自分自身の成長に貪欲であれ」ということです。皆さんは、昨年度同様、今年度も様々な活動に取り組むことでしょう。そうした1つ1つを「誰かからやらされている」と考えるのか、「自分自身の大きな目標の中に位置づけ、主体的に取り組む」のとでは、人間の成長にものすごい差が出るのではないでしょうか。皆さんがこれから造っていく最大の作品は何だと思いますか。それは「自分自身」です。来年の自分、10年後の自分、20年後の自分、30年後の自分を想像して、悔いの残らぬように、充実した今日を過ごしてください。学校としても、皆さんを全力でバックアップします。

              (平成27年度始業式・校長講話より)


 

 

 

 

0

校長通信第23号「壮大な『北高絵巻』を見る」


校長通信 第23号

壮大な「北高絵巻」を見る

-平成26年度修了にあたって-

越谷北高等学校長 下 山  忍 


 平成26年度の修了にあたり、お話をさせていただきます。

桜のつぼみがふくらむ季節から、再びつぼみが赤らむ時を迎えました。過ぎ去ってみると、1年間は早いものです。3学期の始業式で「今年の漢字」の「節(せつ)」という話をいたしましたが、本日は大きな節目の日ということになります。

 『越谷北高新聞』で、この1年を振り返ってみました。

4月。部活動紹介。全38団体が猛烈アピール。

4月。部活動ランキング。生物部が初ランクイン。

5月。春の部活動結果。各部が続々結果を残す。

5月。体育祭。「肉体的に向上心のないやつはバカだ~燃えさかれ筋肉~」というス 

   ローガンのもと、桃団の優勝。

7月。高校生海外短期派遣。カナダ・ブリティッシュコロンビア州・ロイヤルローズ

   大学に13名の生徒が訪問。

7月。パワーリフティング部・新聞部・吹奏楽部・書道部。4つの部活動が全国大会

   出場。

9月。パワーリフティング部宇津木君全国2位。新聞部全国で優秀賞受賞。

9月。しらこばと祭。「Let it go! ありのままの北高魅せるのよ」大賞3-9。

9月。野球部東部地区大会3位、県大会出場。

10月。埼玉県海外派遣プログラム ハーバード大・マサチューセッツ工科大に本校

   から岡崎さん・馬場さんを派遣。

10月パワーリフティング部・宇津木君日本新記録。

11月。強歩大会。優勝は男子1年桜井君、女子2年井口さん。例年よりも早いゴー

   ル記録。

12月。生徒会選挙。新会長に石川さん。

12月。寒波の中の球技大会。1-4、3-11が連覇を達成。

12月。ダンス発表会。見ごたえのある素晴らしい作品。2-6、2-9優秀賞。

1月。物理同好会、初の全国出場。新聞部も14年連続。

2月。科学の甲子園。過去最高の県内総合3位。

3月。第44回卒業式。3年間は宝物。

こうして振り返ると、壮大な絵巻物を見る思いがいたします。「北高絵巻」とでも名付けたら良いのでしょうか。この1年間、様々な学校行事や部活動等に、真面目に、一生懸命に取り組む皆さんの姿を見ることができました。それは、素晴らしい思い出になったことと思いますし、北高の伝統に1ページを加えてくれたと感謝しています。

そして、もう1つ大切なことは、それらを成し遂げる中で、皆さんが多くの力を身に付けてくれたということです。具体的に言えば、①チームワーク力、②問題解決力、③リーダシップ、④共感力などです。これらの力は、現在、多くの企業が入社する社員に求めている力と共通します。実際に社会で活躍する上で求められている力とも言えます。

高校生活は、勉強が基本ですが、今お話ししたような学校行事や部活動を通じて、皆さんは、大切なトレーニングをしているのだと改めて思います。「三兎を追う」という言葉があります。三羽のウサギと書きます。これは「二兎を追うものは一兎も得ず」ということわざ、つまり二羽のうさぎを追うと一羽も捕らえることができないということわざを逆転して、三羽のうさぎを追って、三羽とも捕らえようじゃないかというように転化させた積極的な言葉です。ウサギは敏捷な動物です。一羽を捕らえるのも容易ではありませんが、これを三羽もつかまえてしまおうというのですから、大変なことです。これは、埼玉県内の高校で使われることのある言葉ですが、本校でも今年の卒業生の合言葉でした。三羽のうさぎとは、勉強・部活動・学校行事です。3つをすべて頑張って、自分自身を創り上げようということです。

そのためには、何よりも時間を有効に使うことが大切です。1日24時間という時間は、誰にでも平等に与えられています。それを有効に使うか、無駄に使うかで、人生はずいぶんと違ってきます。皆さんは、納得できる時間の使い方をしていましたか?1日を、1週間を、1か月を、1学期を、そして1年を悔いなく使ってほしいと願っています。1年生は、時間管理の大切さの観点から「学習記録ノート」を使っていると思います。そうしたツールも活かしながら、時間の有効活用に努めていただきたいと思います。

さて、平成26年度も本日をもって修了します。

この大きな節目にあたり、各自がしっかりと総括し、来年度につなげる自分自身の課題を設定してほしいと願っています。できれば、漠然と思うのではなく、言語化した方が具体的になると思います。

4月には新たな平成27年度がスタートします。今、この体育館には、1年生と2年生がいます。言うまでもなく、2年生は3年生に、1年生は2年生に進級します。その覚悟はできていますか?昨年の今頃、先輩のどんなところに頼もしさと魅力を感じたのか、思い出してください。そして、それに自分が近づくために、自分が今何をなすべきなのか、考えてください。今年度の生徒の皆さんの諸活動に大いに敬意を表するとともに、来年度のさらなる飛躍を心から期待し、平成26年度修了式における校長の言葉といたします。              (平成26年度修了式・校長講話より)


 

0

校長通信第22号「今年の漢字「節」」

校長通信第22号

 明けましておめでとうございます。2、3年生の中には覚えている人もいると思いますが、昨年の3学期始業式では、「正月はなぜめでたいのか」というお話をしました。(以下、こちらをクリックしてください。)
0

校長通信第21号「今年のノーベル賞から考えたこと」

校長通信第21号

 第2学期には、9月の文化祭や10月の修学旅行など、思い出に残る学校行事も多かったと思います。2年生女子のダンス発表会や先日の球技大会もそうですが、北高生は1つの行事に一生懸命に取り組み、盛り上げる、そして楽しんでしまう天才たちだといつも感心しています。(以下、こちらをクリックしてください。)
0

校長通信第20号「成長の物語を語ろう!」~平成26年度学校説明会~

校長通信第20号

 ◇8月26日(火)越谷サンシティで第1回学校説明会を実施しました。
   開会式での「校長あいさつ」の内容を掲載します。

本県の関根郁夫教育長は、各学校で行われている教育活動は1つの「物語」でとらえることができると言われています。それぞれの学校がどのように生徒を育成しているのか、どのような力をつけさせているのか、ということは「目指す学校像」を最終場面とする「成長物語」であるという意味です。…(本文より)

◇校長通信20号の詳細を見るには、こちらをクリックしてください。

0

校長通信第19号「立居振舞・主体的な学習・チーム力」

校長通信第19号 

「実は、嬉しい話がありました。7月15日に南越谷のスターバックスにおいて、本校生徒がアイスコーヒーをこぼしたお年寄りを助けたということです。それを見ていた方から「今どきの高校生にも、このようにさわやかな行動の取れる若者がいることに感心した。」ということでした。昨年もお年寄りや小学生を助けた善行の話がありましたが、今年もこのような話ができることを校長として誇りに思っています。越谷北高校への信頼を高める行動だったと思います。自分ができることをさりげなく、しかし積極的に行うこと。そして、いつでもどこかで誰かに見られていると意識して行動することが必要だと思っています。」(本文より)詳しい校長通信は北高の校舎をクリックして下さい。


0

校長通信第17号「おなじ窓のもと」

校長通信第17号UPしました。
母校は、ふるさとのようなもので、生涯を通していつも心の中にあるものだとも言う人もいます。本日が、その固い絆と素晴らしい縁を結ぶ日となったことを信じています...本文より 福島の冬をクリックして下さい。

             福島 猪苗代の冬
0