日誌

カテゴリ:その他校外行事

SPP事業 川の科学 発表会

11月17日(土)午後、川の科学(本年度のSPP新規採択事業)の成果発表会を開催しました。以下、その様子をご報告いたします。
 
 
 
 
↑以上、成果発表の様子です。物理班・生物班・化学班・地学班と班ごとに発表が行われました。
 
 
 
↑発表会後に実施されたワークショップでの様子です。北高の近くを流れる新方川についてその未来を考える、というテーマでワークショップが展開されました。
↑ワークショップのまとめ発表の様子です。
 
今回の成果発表会をもちまして、SPP新規事業「川の科学」は終了しました。
参加した生徒にとっては大変、魅力のある取組となったようです。
また、本事業にご協力いただいた皆さま、本当におつかれさまでした。
0

SPP事業 海洋実習 発表会

11月3日(土)に開催したSPP海洋実習の成果発表会の様子をご報告いたします。
実習の講師を務めていただいた荒先生から講評をいただきました。
 8月の泊りがけだけでなく、この発表会でも厳しくも暖かくご指導いただきました。
 
 ↑プレゼンテーションソフトによる発表がなされました。
この班は「イシダタミガイの生態調査」というタイトルで、イシダタミガイの分布と生態調査を行いました。
 
 ↑寒天ゼリーを作る際のテングサの量とできるゼリーの弾性力について研究しました。
 
 
 ↑「タイドプールの生物の分布」というタイトルで田ノ浦湾内に見られるタイドプールに生息する生物を調査・研究しました。
 
 ↑「プランクトンから見る田ノ浦湾」というタイトルで、採集できるプランクトンから田ノ浦湾の環境を考察しました。
 
 ↑「貝と海藻の分布」というタイトルで海藻とそれを食べる貝の関係を調査・研究しました。
 
 

↑秋葉教頭先生による講評の様子です。
0

サイエンス教室

今回は、9月23日(日)春日部高校で開催された「サイエンス教室」に参加した本校の物理同好会・化学部・生物部・地学部の様子をご紹介いたします。

★物理同好会
↑箱を「ポン」とたたくと、中央の丸い形をした煙がその後、輪の形をした煙となり参加者を驚かせていました!
↑CDと風船を使用した模型作りの様子です。CDの下に開いている穴から風船に入れた空気が抜ける仕組みを利用して、滑らかな床をスルスルと移動していく面白おかしな模型でした。
★化学部
↑実験教室の様子です。ペットボトルに薬品を入れ、ある程度の時間、振ると銀色をしたきれいなペットボトルに変化していました!
↑化学部の実験教室では、1人のメイン解説者と他数人のサポーターとの息がぴったりと合っており、部員同士の連携もスムーズでした。 
★生物部
 ↑煮干(にぼし)の解剖実験の様子です。胃の中身を顕微鏡で観察してもらいました。
 ↑カイコの繭(まゆ)を使った、ゆび人形作りの様子です。完成した「ドラえもん」の人形が愛らしく、子供にうけていました。
 ★地学部
↑プラネタリウムの内部です。実際は真っ暗な空間に星空が映し出されている空間となります。
部員のプラネタリウムの解説は十分に練習が積まれており、分かりやすいものでした。 
 
↑こちらは「天体写真」展示の様子です。
↑こちらは「岩塩」の破砕実験です。大きな「岩塩」をかなづちで破砕すると、画像のように美しい四角形の破片が出来上がりました。

0

SPP事業 川の科学

 7月30日(月)・31日(火)の2日間において、川の科学(SPP新規採択事業)を実施しました。
初日は、栃木県の五十里ダムを見学したあと、男鹿川・鬼怒川の合流点および鬼怒川自然再生区で実習を行いました。また宿泊所ではその日の結果についてポスター発表も行いました。
 2日目は関宿城博物館見学のあと、首都圏外郭放水路・龍Q館見学、古利根川見学(水辺再生100プラン推進事業)を行い帰路につきました。
 2学期に実施される予定の成果発表が楽しみです!

0

SPP事業 川の科学 事前学習

7月13日(金)午後、「川の科学」に参加する生徒による事前学習会を開催しました。
連携先でもある(株)建設技術研究所の担当の方によるスライド説明なども実施していただきました。
参加予定の生徒は、7月30日(月)・31日(火)の実施に向け、意識を高めることができたようです。

0