校長室より

校長通信

三月の言葉(世界へ)

 

 僕らの前にはドアがある  いろんなドアがいつもある
 ドアを大きく開けてみよう 広い宇宙の世界へ

この詩は、五木寛之「大河の一滴」の中にある言葉です。

 僕らと言ったとき、男も女もという感じを持っています。そう感じたので、この言葉を今月の言葉としました。
 3年生は、卒業になります。今までの自分から一歩飛び立ち、新しい道を歩み始める春です。自分の選んだドアから、広い世界へ飛び立ってください。

 がんばれとエールを送ります。忘れるなよ「北高プライド」。


 この詩には新しい世界への期待が込められています。ぜひ、この機に卒業生の皆さんだけでなく、進級される在校生の皆さんも新しい季節、新しい出会いに期待を膨らませ、次のステージへの挑戦を始めてください。

 私の好きな、Mr.Childrenの終わりなき旅という歌の中にも同じような歌詞があります。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
 きっと きっとって 君を動かしてる
 いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしよう
 もっと素晴らしいはずの自分を探して

 胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に変わるように
 いつも今日だって僕らは動いてる
 嫌な事ばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう
 もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 
 今回で、月の言葉も終わりです。今月で、私も卒業になります。次のドアをノックして、自分探しの第二の人生に歩みだします。

 いつも、月の言葉を工夫をこらして力強く書いていただいた倉澤沙綾先生に改めてお礼を申し上げます。また、月の言葉を読んでいただいた皆様、3年間ありがとうございました。

二月の言葉(もうひと頑張り)


 辛いという字は十回立つと書きます。しかし、もう一回立てば幸せになります。

 今日から、3年生は家庭研修に入りました。いよいよ受験の天王山です。体調をくずさぬよう自己管理をしっかりすることです。今となってはジタバタしても始まらないので、自分を信じ最後まで頑張ることです。努力は必ず報われると限りませんが、報われた人は必ず努力した人です。どこまで努力すれば報われるのか分かれば苦労はしません。100あるうちの99まで来ていたのか、半分まで来ていたのかは誰にもわからないことです。しかし、99まできた人は、きっとその後の人生を生きぬく糧を身につけたはずです。
 人生は長い、人生100年時代を見据えて目先のことに一喜一憂するのではなく、大きな志に向かって進んでほしいと思います。
(書は、倉澤沙綾先生に書いていただいています。特に今回も思いを込めて書いていただきました。)

1月の言葉(念ずれば)

 

念ずれば花ひらく

 新しい年が明けました。皆さんがそれぞれ新たな気持ちで歩みだしたと思います。

 私も、残すところ3か月となりました。やり残したことがたくさんありますが、今年も「凡事徹底」と言いましょうか、小さな積み重ねを大事にして、確実に前進、成長していきたいと思っています。

 努力や苦労を重ねることで、本物に達すると思います。残念ながら人は平等ではありません。人が1時間でできることが自分には3時間も4時間もかかるかもしれません。でも、地道に愚直に努力を重ねることで高みにたどり着くと思います。

 高校生、特に3年生は志望校に合格することが自分の花を咲かせることでしょう。どんな花が咲くかは、日々どれだけ地道な努力を続けてきたかということが大きくかかわります。 

 満足な花が咲かなかったとしても、地道な努力を重ねたことは、決して無駄になることはありません。これ以上出来ないと思うくらい一生懸命努力した結果はどんな花が咲こうと美しいはずです。それは、受験の結果だけに止まらず、それ以降の長い人生の確固たる基盤となるものです。時間をかけて努力した積み重ねは、将来のゆるぎない基盤と自信をもたらすに違いありません。

 詩人坂村真民が「念ずれば花ひらく」と言っています。努力をした後は、天命を待ち、こころから念ずることできっと花ひらくと思います。3年生の健闘を祈ります。

(書は、倉澤沙綾先生に書いていただいています。倉澤先生も本校で3年目、3年生と同じ年に本校に着任したということで、特に今回は思いを込めて書いたそうです。)

有志竟成(12月の言葉)


 今月の言葉は、今年のノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑・京都大学特別教授の座右の銘として紹介された言葉です。
 その意味するところは、「志があれば必ず成し遂げられる。決してあきらめずに、常に目標を定めていく」です。出典となっている『十八史略』東漢篇では、【志ある者は事(こと)竟(つひ)に成る】と訓読される文章になっています。
 本校の校訓は「立志、探究、奉仕」であり、奇しくもその第一に、立志を挙げています。つまり志を立てる、志をもつと言うことです。志あれば、成し遂げられます。12月になり、センター試験も来月に近づいてきました。3年生は、志を高く持ち、決してあきらめずに、目標に向かって頑張ることで、必ずや希望の花を咲かせることができるはずです。がんばれ!
 ちなみに、本庶佑教授は、6つのCが時代を変える研究には必要だといっています。
 Curiosity(好奇心)
 Courage(勇気)
 Challenge(挑戦)
 Confidence(確信)
 Concentration(集中)
 Continuation(継続)
このことは、研究に限らず、人が生きていく上で心していかなければ成らないことに思われます。何事にも好奇心を持って取り組み、勇気を持って挑戦する、そのことが生きる上での自分自身の確信となり、集中力が生まれ、継続してやっていくことで、何事かをいつしか成し得る。そう思います。なにごとにもこれらのCを追い求めることは大切ですね。

(書は、いつも倉澤沙綾先生に書いていただいています。今回は特に力強い素敵な書になっています。)

50周年記念式典

 
 だいぶ報告が遅れましたが、10月6日(土)に、越谷コミュニティセンターで、本校の50周年記念式典を無事挙行することができました。関係した皆様に感謝申し上げます。本校卒業生で副教育長の小島康雄様、県会議員の山本正乃様、越谷市長の高橋努様をはじめ多くの来賓の皆様をお迎えし、多くの方々から、心温まるご祝辞や激励の言葉をいただきました。生徒会長も素晴らしかった。さすが北高生という感じでした。記念講演会では、何度もノーベル化学賞の候補になっている東京理科大学前学長の藤嶋昭先生から「科学を楽しく」のご講演をいただきました。生徒にとっても大変興味深い内容のご講演でした。祝賀会では吹奏楽部の演奏もあり和やかな会になりました。すべての皆様に感謝です。
本校の卒業生で、本校の教員(1学年主任)である中里先生と。

式辞抜粋
・・・・・・・・

「五十にして天命を知る」という言葉がございますが、創立五十年を迎えた越谷北高校にとっての天命とは何か。それは、日本はもとより広く世界で活躍することのできる有為な人物を育成することであると考えます。そのためには、これからのグローバル社会を支える人物に求められている、高い自由度、優れたモビリティを身につけさせなければなりません。本校は、そのような人物を育成するために、全教職員が「立志」「探究」「奉仕」の校訓のもと、普遍性・柔軟性に富む思考力、判断力、表現力を身につけさせる指導を展開しております。また、近年の科学技術の加速度的な進歩によってAIでできることが日ごとに拡大し、人間の為しうる仕事は「高度な読解力と常識、加えて人間らしい柔軟な判断が要求される分野」であると言われております。それだけに、日々の教育活動をとおして、AIで代替できない能力を備えた人、すなわち、人間にのみできることを考え実行できる人物を育成することを目指しております。

 こうした指導は、すなわち「高い理想と豊かな人間性を兼ね備えたグローバルなリーダー」の育成にほかなりませんが、一方でそのような実践こそが、地域の学習・文化の拠点となる学校づくりの核ともなるものであると考えております。

 生徒の皆さんには、母校の創立五十周年記念を祝うに当たって、創設期の先人のご苦労やご腐心に思いを馳せるとともに、地域の教育をリードしてきた越谷北高校の生徒であることに、強い「誇り」をもって欲しいと思います。自分に誇りが持てれば、志が生まれます。志があれば、人生は充実したものになります。越谷北高校生であることに、ぜひ誇りを持ち、大きな志を抱いてください。また、今、越谷北高校に学ぶ者として、自分は何を為すべきか、あらためて考える機会にしてほしいと思います。

 結びに、創立以来本校の教育振興のため、ご支援ご協力を賜りました埼玉県及び越谷市、本校同窓会、PTA・後援会並びにすべての関係の皆様に、あらためて衷心より深く感謝申し上げますとともに厚く御礼申し上げます。

 新たなる五十年後、百周年に向けて、教職員、生徒一体となってさらに前進することを決意いたしますとともに、今後とも皆様方の力強いご支援ご協力をお願い申し上げまして、式辞といたします。