ブログ

国際交流

カナダ研修7日目

カナダ研修が始まってから、今日で1週間が経ちました。

「来て最初よりも、何を言っているのか理解できるようになってきた!」

「話しかけられたときの対応力がついた!」

「少しずつ自分の意見を言えるようになってきた!」

「トラブルがあったけれど、道行く人に聞きまくって無事に家に帰ってこられた!」

生徒もそれぞれに大きな成長がみられています。

 

〈AM授業の様子〉

今日は生態系と動物の関係について学びました。

”pollination”(生き物などによって受粉が行われること)は私たちにとっても重要な自然の営みです。これがなければ、私たちの食べ物も多くが手に入らないでしょう。

 

〈The Butchert Gardens〉

午後は、ビクトリアで有名なガーデンに行きました。

実際に"pollination"の様子も見ることができました。

帰りのバスの中

 

 

週末は終日ホストファミリーと過ごすことになります。

どんな週末になるのか楽しみです!

 

 

 

カナダ研修6日目

 本日の午前授業では初めに「Environmental Leadership」をトピックに、自分の長所と短所を英語で表現する勉強をしました。自己肯定感を高めるとても有意義な内容でした。

 

また、【The Ocean Cleanup】を立ち上げたボイヤン・スラット氏を題材にディクテーション(聞き取り)練習を行いました。教科書で学んだ生徒が多く、親しみを持って、学ぶことが出来ました。

 

 

午後は、午前で学んだ海洋環境を念頭に大学近くの海岸に行き、それぞれ思いのままに時を過ごしました「自然と触れ合いながら環境について考える」がテーマの本研修ですが、普段絶対に体験できない貴重な時間を優雅に過ごしています。

カナダ研修5日目

午前中は、自分の身の回りのものがどのように関連しているかを考えたり、自分にとって大事な身の回りのものがどこから来ているか、無くなったらどうなるかを考えたりしました。

〈AM授業の様子〉

自分のカードと周りの人のカードの関連を考えて、毛糸で繋いでいきます。

例えば、sun,water,air, wind, sea, bee, fish...といったカードがあり、fish, sea が関連があるのでこの2つを毛糸で繋ぎます。

すべてのものがどこかで関係していることを身をもって体験できました!

 

 

 

 

午後は、ゲストスピーカーでClimete Action Journalist のSean Holman さんをお招きして講演をいただきました。

〈PM授業の様子〉

自分たちが普段、環境のためにしていることがどのくらい温室効果ガスを減らすことになるのか、また、環境問題はただ「環境」の問題だけではなく、戦争、インフレ、政治での問題といった社会的な問題にも関わることを学びました。

災害はなぜ起こるのか、人為的か?自然に起こるものなのか?もし起こったらどうなるか?

異なる現象ごとにそれぞれ考え、意見を交わしていきました。

 

単に英語を学ぶだけではなく、「英語を使って」自分の考えを表現していく機会が多い今回の研修では、物事をもう一段階深く考える力が身につきそうです!

カナダ研修4日目

本日授業2日目です。午前中は【What is NATURE?】をテーマにお互い意見交換をしました。担当のティア先生の”We need nature, but nature doesn't need you. ”と言う言葉が印象的でした。

 

<AM授業>

文法は忘れて、まずは伝えることが基本の授業です。

 

"What is Nature for you?" 

  

 

 

午後は大学構内のトレッキングコースを体験し、自然を肌で感じることができました。その後【Scavenger Hunting:宝さがし】をグループに分かれて行いました。今日は朝から雨でしたが、帰る頃にはすっかり青空になっていました。半袖では風邪を引いてしまう位の涼しさです!

 

<PM戸外活動>

森林浴、本当に空気がおいしかった!

 

 

peacock(孔雀)の羽根をゲットしました!

 

本物のmaple leaf (カエデの葉)と国旗を比較、本当にあちこちに楓の木を目にします。

カナダ研修2・3日目

7月23日(日)は各々がホストファミリーと1日を過ごしました。 そして、

7月24日(月)より、Royal Roads Univ.(ロイヤルローズ大学)での授業が始まりました!

〈大学の様子〉

Hatley Castle は映画の中のような建物です。(実際に映画の撮影地にもなっています)

広大な敷地は、自然も豊かです。大学名物の孔雀も見られてラッキーでした!

 

 

〈授業の様子〉

みんな頑張って英語を話しています。

 

 

 

〈ブリティッシュコロンビア州議事堂・Royal British Columbia 博物館見学〉

午後は、スクールバスに乗ってビクトリアの中心部に来ました。

みんな良い笑顔です!

 

カナダ研修1日目

 7月22日土曜日、本校希望生徒34名がカナダのビクトリアに向け出国しました。埼玉の県立高校としてはコロナ禍後、最速の海外研修になります。

 

 

<バンクーバー空港にて>

 

<フェリーでバンクーバー島へ>

 

<最後はバスで最終目的地のビクトリアへ!>

 ステイ先までの道のりでは、陸海空全ての交通手段を利用し計約15時間の長旅でした。それぞれがホームステイ先のホストファミリーに引き取られ一日目を終了しました。

 

 翌日、日曜日を挟んで、月曜日から現地、ロイヤルローズ大学(Royal Roads Univ.)で本格的なレッスンが始まります!

 

 

平和の架け橋PJ ~”服のチカラ” 勉強会

 5月30日と6月2日の二日間で、パートナー校の名古屋経済大学市邨学園・台湾鳳山商工高校と3校でオンラインン勉強会を行いました。ユニクロ、国連UNHCR、グーグルアースの方々にご参加頂き、現在の難民問題や、衣服の大切さ等を学びました。

オンラインとは言え、このような国内外の高校生が中心となって企業と協働して行うボランティア活動は、日本でも珍しく、手探りですが生徒達には大きな学びとなっています。

今後校内で不要な衣服を集めて、海外の必要な人々に届ける活動を行います。

 

メディア取材も複数入り、翌日には日本(中日新聞)・台湾(今日新聞・聯合新聞)で記事になりました。

 

本校新聞部も逆取材しました。

 

次回は6月20日の「世界難民の日」にゲストスピーカーをお迎えして、勉強会を実施予定です!

【国際交流】カンボジアの子供たちに筆記具と夏服&笑顔を送りました! 

 先々週まで、本校有志で集めていた、カンボジアの子供たちへの筆記具と夏服をGW中に現地に生徒たちの笑顔の写真と共に届けました。にっこり

ただ物を集めて荷物を郵送するのではなく、直接心を込めて笑顔で渡すことで、もらった子供たちは感謝の気持ちを一生持ち続けてくれます。今回はパートナー校である名古屋経済大学市邨学園の松野先生に荷物を託し、現地オンラインレポートを兼ねて実現した企画です。

今後も、名古屋経済大学市邨学園高校協力の下、台湾の国立鳳山商工やユニクロジャパン・台湾とコラボして「服のチカラプロジェクト」を進めて行きます。シリアやトルコの震災被害の方々にボランティア活動を進めてまいります!グループ

【国際交流】北校に海外留学生が加わりました!!

北校では、昨年度に引き続き今年度も、海外の優秀な生徒を迎え入れています。今回は、タイ国から来日した女子生徒、プレオさんが仲間入りしました!先週1年生のクラスに加わり、緊張の中、自己紹介を日本語でしてくれました。北校の皆さんと一緒に学校生活を共にしますので、廊下で見かけたら気軽に声をかけてくださいね。

 

 

北校ではコロナ禍でも、国際交流の火を絶やさず、可能な取り組みを継続して参りました。今年度は更にパワーアップした活動を精力的に行っていきます!どうぞ、お楽しみに!!

【国際交流】カナダ派遣事業説明会を実施しました

4月8日に今年度のカナダ派遣事業説明会を実施しました。

3年越しの渡航に興味を持ってくれた生徒はなんと68人!!

非常に多くの生徒が意欲を持ってくれて、非常に頼もしい気持ちになりました。

業者の方や過去に引率を経験した教員の話を聞き、さらに渡航への気持ちが沸き立ったことでしょう。

渡航に向けて、学校でも着実に準備を進めております。

参加希望生徒の皆さんは、セレクションの準備を頑張ってくださいね!