KITAKO NEWS FLASH

北高の今

食堂潜入レポ2

前回の記事はこちら

先日は食堂に行ったものの、すでに商品は完売しており昼食にたどり着けずという結果に終わりました。

やはり何事も事前の下調べが大切、ということで今回は早めに食堂を訪問しました。

 現在は新型コロナウイルスの感染予防のため、全ての食事が持ち帰り用の容器に入れられています。

注文の基本的な流れとしては、まず10時30分以降(つまり2限後、3限後の休み時間)に注文予約及び支払いを済ませます。その後昼休みに食堂で注文した商品を取り、食堂で食べるか教室に持ち帰って食べます。

多くの生徒が予約を行うため、予約せずに昼休みに食堂に来ても、残りの商品は多くありません。確実に昼食をとるためには【事前の予約】が重要になってきそうです。


↑予約された様々な料理

↓予約なしで昼に購入できる料理と食堂の様子

 

食堂の雰囲気が伝わったでしょうか?

次回は実際に商品を購入して食べてみようと思います。

【3学年】進路講演会~外村哲也さんによる講演~

本日の7限、3学年は元トランポリン選手、外村哲也さんを講師としてお招きし、進路講演会を行いました。

外村さんは2008年の北京オリンピックに日本代表として出場し、見事入賞。また、いくつもの世界メダルを獲得していらっしゃいます。

演題は「夢を追い続けた競技人生」。

進路を考える上で、「夢を持つ」ことの大切さについて、体験談を交えて講演して頂きました。

外村さんの「夢」は、北高生の目指す夢の方向性は異なるかもしれません。しかし、高い目標の実現、そして困難を乗り越えるためのモチベーションや、「スランプ」などの挫折、そして「劣等感」など己の内面と向き合う方法などについてのお話は、どんな進路を選ぶにしても、繋がってくるものだったと思います。

 

質疑応答。クラスルームで事前に募集していた質問に答えて頂いたほか、その場でも出たいくつかの質問に、丁寧に自身の経験に基づいたアドバイスを頂きました。

最後に花束の贈呈です。本当に貴重なお話、ありがとうございました!

 

外村さんがトランポリンという分野を究められたように、皆さんも今後大学や就職などで、己の進むべき分野を究めていくことになります。

外村さんから「夢を持って成長を目指そう」という力強いメッセージを受け取った3年生。この1年間、それぞれの進路目標実現、そして自己実現を目指し、頑張ってほしいと思います。

食堂潜入レポ1

学校が再開したことに伴い、食堂も再開しました。

どのようなメニューがあるのか、実際に食べてみようと食堂を訪れると……

なんと完売でした! 昼休みが始まったら早めに行くことをオススメします!

(続報はこちら

本日のLHR

本日7限目はLHR(ホームルーム)が行われました。

生徒は改めて自己紹介をしたり、自分たちが中心となって委員会や係の役割分担を決めたりしました。

少しずつではありますが、1年生も学校生活に慣れてきたようです。

科目選択説明会

分散登校期間を経て、本日から平常授業が始まりました。明日からは担任と生徒の面談期間に入ります。

それに先立ち、本日は1、2年生対象に科目選択説明会が行われました。内容は、1年生は文理選択について、2年生は選択科目についてです。

生徒たちは久々に朝早くからの登校となりましたが、最後まで真剣に話を聞いていました。

学校説明会、土曜公開等の日程が決定しました

令和2年度学校説明会、土曜公開等の日程が決定いたしました。

 

直近では

8月19日(水)越北進学フェア:越谷サンシティ

9月12日(土)第1回部活動見学会:本校

9月26日(土)第1回学校説明会:本校(午前中、オンラインにて実施予定)

    ※合わせて土曜公開も実施を予定しております。

詳しくは以下のページでご確認ください。

令和2年度学校説明会日程(クリックしてご確認ください)

令和2年度土曜公開日程(クリックしてご確認ください)

新聞社の取材がありました。

本日埼玉新聞社の方が来校し、本校のオンライン授業について取材を受けました。

校長や主担当者から取り組みの趣旨や経緯、現状などをお話しし、実際に授業の様子を見学、生徒へインタビューもされていました。

  

紙面に掲載の際は、またこちらでご報告いたします。

また、本日紙面に掲載された2社を含め、取材ではすべて同じ内容をお話していますが、新聞社によって取り上げ方が違うのも興味深いところです。

今回の内容に限らず、生徒の皆さんはぜひ新聞の読み比べをしてみてください。

本校の取り組みが紹介されました

本校が取り組んでいる分散等登校中の授業及びストリーミング配信について、ご紹介いただきました。

 

・朝日新聞(6月17日朝刊、地域欄、https://www.asahi.com/articles/ASN6J6WW4N6HUTNB01N.html?iref=pc_ss_date)「対面授業をライブ配信 越谷北高の試み 第2波にも備え」

・東京新聞(6月17日、https://www.tokyo-np.co.jp/article/35988)「<新型コロナ>教室の授業、自宅で参加 分散登校中の県立越谷北高」

 

ライブ授業の配信開始!

本日から分散登校による授業が始まりました。

半分の生徒は教室で授業を受け、残りの半分の生徒は教育支援ツールClassroomに投稿されたurlからストリーミングのライブ配信(リアルタイム!)を自宅で視聴します。

配信がうまく行くか、我々教員は緊張しながらのスタートとなりましたが、授業は和やかな雰囲気で始まりました。