KITAKO NEWS FLASH

【1年・現代社会】ワールドカフェ

学年末考査が近づいてきました。1年生の現代社会の授業では、学習のまとめとしていくつかのクラスでワールドカフェという活動を行いました。実施場所はKAR(北高アクティブラーニングルーム)という教室です。丸テーブルがいくつもあり、話し合いにはうってつけの教室です。

活動の内容は以下の通り。
・いくつかのグループごとにお店(カフェ)をつくり、ホスト役とゲスト役の生徒に分かれます。
・ホスト役とゲスト役はゆったりbgmを聞きながらテーマについて話し合います。
・ある程度時間が経過したらゲスト役の生徒は他のカフェに旅立ちます。
・新たに集まったメンバーとともにホストはテーマについて更に議論を深めていきます。

これらを繰り返すことで、まるで世界中のカフェをめぐりながら学びを深めるような体験ができます。

今回のテーマは「私たちはこれから先どのような社会で生きていきたいか。そのためには私たちや社会全体で何をしていく必要があるのか」というものでした。抽象度の高い、難しいテーマでしたが生徒たちは協力しながら議論を深めていきました。

今年度の現代社会の授業では、生徒に一週間ごとに学習内容の復習と感想の入力をclassroomで提出してもらっています。今回のワールドカフェについても感想を入力してもらいました。

世界の平和や男女平等、社会保障(年金や医療保険)、教育の無償化、少子高齢化、SNS、政治への若者の意見の反映、安楽死の是非、夢のある社会、気候変動問題など様々な話題がカフェで話されたようです。

自分たちに出来ることは限られていると痛感する生徒もいれば、高校生でもこれだけの話し合いができるんだと自信を深めた生徒もいるようです。ぜひ、これからの学びも充実したものにしてください。