校長室より

校長通信第28号「2学年PTAあいさつ」

校長通信 第28号

充実した高校生活と実力錬成を!

~2学年PTA(H27.7.25)あいさつ~

越谷北高等学校長 下 山  忍 

本日は、お忙しい週末に学校においでいただきました。保護者の皆様には、日頃より本校教育の振興・発展に御尽力いただき、心より感謝申し上げます。学校では、7/17に、第1学期終業式を終え、夏季休業に入りました。7/22には、23名の生徒が14日間にわたるカナダへの海外大学派遣研修に出発しました。理数科では7/2223の野外実習を終えたところです。部活動も今年は、パワーリフティング部、新聞部、物理同好会の3つの部が埼玉県代表として全国大会に出場します。そのほか、紹介しきれませんが、生徒たちは非常によく頑張っています。

さて、2年生は、3年生の引退を受け、各部活動の中心として頑張っています。2年生がいよいよ北高を背負う時期が来たと言ってもよいと思います。1025日から28日には南九州方面への修学旅行も予定されています。高校生活の中でも最も充実した時期と言えます。

しかし、その中で、来年度の受験に備えた実力錬成を怠ってはならないと思っています。これから、年度末までをどう過ごしたらよいのか、ということは大変重要です。2年生は、「朝勉強」やクラスのスローガンなどアイデア豊富に取り組んでいる学年ですが、その中で生徒の皆さんが成長してくれることを願っています。1学期の成績もそうですが、本校では定期的に模擬試験・実力テストを実施しております。その結果は、大学入試までのペースメーカーになると思っています。

 本日は、お子様の毎日の学校生活や進路について、保護者の皆様にとって、貴重な情報が得られることを期待しております。

また、この会については、理事の皆さんを中心に準備を進めていただきました。この場をお借りして感謝申し上げます。誠にありがとうございました。