校長室より

あなたが今まく種はやがて、あなたの未来となって現れる

12月、師走になり、「今まく種」とはちょっと時季外れかもしれません、この言葉を思い出したのは、授業観察で夏目漱石のこころを見たからです。受験を控えた3年生を見て、今頑張っていることが将来実る。今を頑張れという気持ちからです。
 この言葉は、目先のことだけにとどまらず、 将来のためにたくさん、いろんな種をまいておこう。
 種をまかずに花が咲き、実がなることはありえない。いま種をまいておけば、いつどんな花が咲くのか期待も持てる。と言うことだと思います。
 そう簡単に諦めるてはダメ、今日の努力は、種まきだと思えば、一粒でも多くまいた方が良いし、種を多くまいた人の方が、何かになり得る可能性は大きいに決まっています。
誰の人生でもない、あなた自身の人生です。あなたの人生を他の誰かに生きてもらうわけには生きません。つべこべ言う前に、実行あるのみです。
 種を蒔いても一朝一夕に目が出るわけではないし、目が出たからといって実がなるわけでもない。種を蒔く前には畑を耕す必要もあるし、蒔いた後には水をやったり、雑草を抜いたり、虫や鳥からも守りつつ、収穫のときを待たなければなりません。ただ、種を蒔かずに収穫することは出来ませんから、未来を見据えながら種を蒔いてほしいと思います。
 一日一日の地道な積み重ねで今日があり未来が開けてきます。未来を信じ今を精一杯生きましょう。
(なお、書は、倉澤沙綾先生に書いていただきました。月毎に字体を考えて頂きありがとうございます。)