校長室より

SSH生徒研究発表会

 6月27日(木)、越谷サンシティ大ホールにて、令和6年度の「SSH生徒研究発表会」を開催いたしました。本校はSSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)の第Ⅱ期の指定(R5~R9)を文武科学省からいただき、本年度で2年目となリます。本校が定めた研究開発課題「課題発見力・課題解決力を身につけ、地域から社会に貢献する科学技術人材の育成」をもとに、様々な取り組みを行っています。

 発表会では、理系部活動の代表として化学部が「ダンゴムシを用いた染色」、2年理数科では、生物班による「ボルボックス体細胞の単離条件」と地学班による「砂防堰堤と土石流の関係について」が発表されました。それぞれ、カリキュラムに編成されている探究科目の中で研究を重ね、仮説・実験調査・データ集計・分析を行い、今後の展望についてのプレゼンテーションが行われました。それぞれの発表後には、多くの質問が出され、活発なやり取りが見られました。

 また、理数科3年生によるSTEAM探究では、英語によるプレゼンテーションが行われました。発表内容は、物理班による「Relationship between balloon burst loudness and how it is punctured(風船の破裂音量と割り方の関係)」、数学班による「Divide angle equally by folding origami(折り紙による角の等分)」、化学班による「Differences in Molluscan Shell Phosphors depending on habitat(生息地による貝殻蛍光体の違い)」の3本で、講評をいただいた大学等の指導者の方々からも、研究内容だけでなく、英語によるプレゼンテーションのレベルの高さについて、高評価をいただきました。

 また、本校では、理数科や理系部活動だけでなく、普通科の生徒も本校独自の探究活動をカリキュラムの中で学び、クロスカリキュラム(教科横断的学習)、主体的、協働的な深い学びにより、生徒の思考力、表現力、判断力を伸長する取り組みを行っています。

 3学期には、探究活動の成果として、本校でポスター発表を予定しております。今から、とても楽しみにしております。