HOME

2014年8月の記事一覧

第64回全国高校PTA連合会大会-福井大会- 報告


全国大会 第2分科会で、本校が関東代表として発表しました。

 第64回全国高校PTA連合会大会-福井大会-が8月21日~23日、各都道府県から保護者、教員ら約1万人の参加者のもと、福井県にて開催されました。
 開会式は22日午前中に、サンドーム福井 (主会場) 他2会場で行なわれ、「教育と考福(こうふく)」 をメーンテーマに掲げた研究協議会がスタートしました。脳科学者茂木健一郎氏の基調講演のあと午後からは、研究発表、4つの分科会、2つの特別分科会に分かれ、子どもの幸せのために何ができるかを参加者皆で考えました。開会式の中で、北風俊哉実行委員長は「幸福度日本一の福井に皆さんを迎えられてうれしい。今こそ真の豊かさ、幸福を考えることが求められている。」と大会の意義を訴えました。来賓として出席した下村博文文部科学相は「全国トップレベルの福井の学力は、正しい生活習慣や家族の支えがあるから。『幸福』の視点は大切で、日本の高校生の自己肯定感を高めたい」と、保護者らの協力を求めました。
 4つの分科会は、それぞれ各地区の代表として4校が選出されており、その中の第2分科会 「進路指導とPTA」~立志と目標追求への啓発~ で、本校が関東地区代表 (関東地区で今年は埼玉県が選出校) として、越前市文化センターにて、1000名近い参加者のもと、前PTA会長 (後援会長) の並木利美子さんが 「進路教育とPTA」~進路について共にび意識高揚を目指すPTA活動~ をテーマに発表しました。最終日の23日は、東洋一・県立恐竜博物館特別館長の記念講演や閉会式がサンドーム福井で行われました。

◇メインテーマ : 「教育と考福」 ~未来に引き継ぐ 知と恵み~
 子どもたちの「しあわせ」について考える事がメインテーマです。「学校」「家庭」
「地域」「社会」が、それぞれの役割を見つめ直し、共に学び連携してPTA活動
の更なる深化を目指します。


◇全体会
 総勢約一万人のうち埼玉県高等学校PTA連合会の参加者は約500名です。
会場の人の多さにびっくり、ものすごい熱気です。


◇第2分科会 会場 越前市文化センターにて
 本校が発表しました。(全国で発表校はたった16校です。)
 地区PTAから学年PTAに、かなりの時間と労力をかけ苦して移行しました。
その苦労が報われる結果がでた事を説明しました。

 第2分科会では、本校の他に、新潟市立明鏡高等学校、愛知県立東海商業
高等学校、沖縄県立那覇国際高等学校の素晴らしい発表がありました。

 第2分科会会場の越前市文化センターはJR武生駅から徒歩16分の所にあり、会場責任校は福井県立武生東高校でした。21日の打ち合わせリハーサルでは、武生東高の校長先生・PTA会長をはじめ、多くのPTA役員のみなさまに、温かく迎えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。数多くの福井県のスタッフ皆さま、本当にありがとうございました。また今回、全国大会発表校として本校を応援してくださいました、埼玉県高P連の皆さま、会場にて声援をくださいました参加者の皆さま、本当にありがとうございました。まずは、この場を借りまして御礼申し上げます。
 最後に、発表内容のPTA改革には、百木前後援会長をはじめ42・43期のPTA役員の皆さんの情熱と苦労があり、ここまで来たことをご報告させていただきます。 
 (PTA会長 鈴木真弓)


0

PTA研修旅行報告


平成26年8月20日(水)、PTA研修旅行を実施しました

◆はじめに
 PTA研修旅行の参加者は60名、2台のバスに分乗して、午前中「早稲田大学」、午後「江戸東京博物館」を見学しました。大学見学では、本校、早稲田大学4年の本校卒業生もキャンパスガイドに同行し、大学生活や受験について参考になる話を聞くことができました。また、移動中のバスでは、新井教頭、西巻進路主事によるミニ講演会も実施しました。以下に、詳しく報告します。

◆キャンパスツアー
 3グループに分かれてキャンパスツアーに参加しました。キャンパスガイドは早稲田大学2年の学生で、現在アナウンス部に所属し、将来は、アナウンサーを目指しているそうです。冗談を交えながら楽しい案内をしていただきました。早稲田大学の卒業生には多くの著名人がいます。ちなみにサザエさんのマスオさんも2浪して商学部に入学したとか…。

◆早稲田大学在学の本校卒業生と会いました。
 本校卒業生から、大学受験の取り組みや学生生活、就職活動の様子などをお聞きすることができました。
 みなさん、お忙しいところご協力いただきましてありがとうございました。

◆昼食は東京ドームホテル、ブッフェレストラン「リラッサ」でバイキング料理をいただきました。おいしい料理に大満足でした。

◆江戸東京博物館にて
 江戸時代の街並みを復元した模型や貴重な実物資料が多数展示されていました。見世物小屋では、「紙切り」の実演が見られました。大変広い展示スペースで時間のたつのも忘れて見学しました。

◆おわりに
 大学や博物館見学など、大変中身の濃い研修旅行になりました。今回の研修を担当していただきましたPTA調査研究部のみなさまに感謝申し上げます。
 ところで、早稲田大学内の演劇博物館前に坪内逍遥の銅像があります。左手に書物を握り、右手は差しのべられていています。握手をすると合格するといわれ、受験の時期はそれにあやかる生徒が多いようです。ぜひお子さんに教えてあげてください。
                             文責(教頭新井)
0