日誌

2014年6月の記事一覧

3年 理数生物実験

今回は、シロツメクサの花粉管を培養し、顕微鏡で観察する実験です。
選択科目なので13名という少人数で実施しており、アットホームな雰囲気です。

シロツメクサの一つ一つの小さな花は、よく見るとマメ科特有の形をしています。
まずは花弁を開いておしべを取り出し、寒天培地に花粉をつけました。

培地上で発芽・伸長していく様子を顕微鏡で観察しました。

時間を追ってスケッチを取っていきます。

数分で花粉管が出てきます。ポコッと出てくる様子は何とも可愛らしいです。
1~2hもすると、こんなにも伸びていきます!ちょっと驚きですね。

植物の動的な一面を見ることのできる実験でした。
0