重要な連絡

【新型コロナウィルス感染防止に努めてすごしましょう。】

①体調不良時や発熱があった場合は、医療機関(かかりつけ医)を受診し、登校してよいかどうかの判断を仰ぎましょう。PCR検査対象となった時は、学校へ連絡してください。

②心のケアなど相談できる窓口

 心理的なストレスを抱えている方など、学校外で相談できる窓口があります。ご活用ください。

 ◆埼玉県教育委員会(困った時の相談窓口)https://www.pref.saitama.lg.jp/e2201/kyouikusoudan.html

 ◆埼玉県立総合教育センター 面接相談(きたうらわ相談室)※18歳未満および保護者対象

電話予約 048-556-4180 (月~金 9時~17時)

 

【食物アレルギーのある方】

  入学するにあたり、学校生活にて、食物アレルギーがある方は、医師による学校生活管理指導表(アレルギー疾患用)の提出が必要です。保護者判断ではなく、しっかりと医療機関に受診していただき、学校での管理の必要性の有無を記載していただいてください。なお、食物アレルギーは自然寛解することが多いため、毎年見直す必要があることを御理解ください。

 春休み中にアレルギー科に受診する予定の方は、下記からダウンロードし、印刷して主治医に記入していただいてください。

 ダウンロード ➡ 学校生活管理指導表(アレルギー疾患用).pdf

 

 

保健室より

保健室

◆保健だより~各自ストレスチェックしてみよう~◆

北高保健だより3月4日.pdf

早いもので1年が終わろうとしています。

コロナ禍の中で、私たちは不安と共に過ごしています。

しかし、コロナ禍の中でも希望を持って過ごしていきましょう。

これからの時代「胆力(恐れたり、尻込みしない精神力)」も持ち合わせいくことも必要ですね。

◆保健だより~換気のために衣服で調節を~◆

北高保健だより1月19日.pdf

緊急事態宣言を踏まえて、毎日の検温、健康観察入力をしっかり行いましょう!

学校は感染予防のため、授業中の換気を行っています。

教室の温度が寒く感じる人もいると思います。インナーの重ね着等、衣服で調節をするようにしましょう。

マスク着用と換気の併用で感染防止に努めるようにしていきましょう!

昼食時は、友達と会話をしないようにして、食べ終わってから話しをするようにしましょうね。

みんなで理解して協力し合うことが今は必要ですね。

 

新型コロナウィルス冬季の注意について

①日々の健康観察を確認するために、検温および体調チェックは毎日行いましょう

②発熱等の風邪症状がみられる場合は、学校へ登校しないようにしましょう

③家庭内に体調不良者がいる場合も登校は控えましょう

④ウィルスを蔓延させないためにも、マスクの着用及び手洗いは徹底しましょう

⑤学校、家庭においても換気を行い、少なくとも30分に1回以上の(数分程度)窓を全開にしましょう

⑥年末年始期間においては、不要不急の外出等は、可能な限り控えましょう

⑦公共交通機関を利用する際は、マスクを着用し、会話を控えましょう

⑧接触確認アプリ(COCOA)及び埼玉県LINEお知らせシステム積極的に利用しましょう

以下の通知をご覧ください

「もし、発熱したら」チラシ.pdf

コロナの冬を元気に乗り越えるための5つの徹底.pdf